シビックにRS-Rの車高調の取り付けです。

種類はSPORT iと言うグレードです。初めての装着だと思います。

取り付けは推奨での取り付けなので見ながら取り付けをおこないます。

RS-R車高調

車高調取り付け作業

フロント車高調

SPORTと言うからにはサーキットと思いましたがアッパーマウントなどはゴムなんです。
フロントはブラケットなどは専用品ですしつくりもしっかりしていてよい感じでした。

キャンバーボルト
今回はキャンバーボルト(アムテックス)も同時装着をして取り付けです。

リア車高調シビック

リアはFN2はトーションビームです。
直巻きのスプリング仕様になっていますので仕様変更もしやすいですね。
リアに関してはショックのストロークセッティングも今回は推奨にしましたが縮側が多いセッティングになっていました。BESTiなどは縮側があまりないのでどういったセッティングになっているのか気になりますね。

 

取り付けしたら1G締めです。
リアはトーションビームブッシュとショックブッシュを1G締めをおこないフロントはロアアームの1G締めです。
ロアアームは片側だけウエイトがついていますので外して締め直しをおこなう必要があります。

ノーマル車高
推奨車高

 

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

試乗時リアの減衰力の固さがかなり気になりましたので今回は推奨より柔らかくセッティングを行っておきました。

四輪アライメント調整

四輪アライメント FN2

四輪アライメント調整はワインディングまでを考えてのセッティングですが街乗りの確立の方が高いのとタイヤのグレードで数値をある程度決めていきます。タイヤもよいタイヤを装着されていますのでまずは車高調の動きを考えますが極度な数値はセッティングせずにまずは街乗り対応レベルでの調整でキャンバーをおこないまた。
トーの数値も変化をさせて作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

リアの減衰力を下げたことで街乗りでの乗り味はゆとりができました。
ある程度の段差なども走りバンプラバーの位置を見てみるとまだ3cmは余裕があります。
必要最低限でのバンプタッチの方が仕様的にはよさそうですがトーションビームの場合は反対側が延びますのでその際の抑えで短くしているセッティングであるのであればよいのかなとも思いますが何ともわかりませんでした。
ここからば走ってみながらのセッティング変更がよいでしょうね。

まずはメーカーの意図をつかむのがよいでしょうね。

差し入れ

そして差し入れありがとうございます。
甘いもの大好きなのであとでいただきまーす。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)