ハイエースの四輪アライメント調整です。

車はリフトアップ車両でリアはシャックルでアップ、フロントはトーションバー締めあげです。

四輪アライメント調整

ハイエース 四輪アライメント

さて測定してみるとキャンバーの数値がネガになっています。
さてなぜリフトアップでもネガになってしまうのか少し不思議ですがロアアームの角度がちょうどアップで一番水平になるので一番そとに出る状態になっているのかなって・・・
正確にはわかりませんでした。

さて調整です。
まずはアップした時に通常だとロール感が増えますので車両の動きも大きくなります。
なのでキャスターで縦は抑えて横はキャンバーの動きを考えるというのがセオリーになります。
ですがトーションバー締めあげは話が別になってきます。
動く量は少なくなりますしリバウンドストップの距離も変更されてもそれでも狭いです。
なので数値もシビアになってきます。
いつもあーだこーだって色々考えて調整しているんです。
まずは調整できる範囲で調整をしていきます。純正カムの限界の場所がありましたのでそこを基準値にして調整していき数値も見えてきましたので調整完了です。

 

試乗です。
アップ車両はそこまで多く作業はしませんのでこの数値が無難っていう数値がわからないのでまずは基本ですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)