アルトワークスにクスコさんの車高調ストリートZEROの取り付けとトラストインタークーラーにPIVOTのブースト計の取り付けです。

アルトワークス クスコ車高調

まずは車高調の取り付けです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

車高調はクスコさんの車高調でリア減衰力調整式です。
車高の高さは45mmダウンでのセッティングです。
まずは説明書を見ます。クスコさんの説明書は見慣れていないので見るのに時間がかかります。
取り付け方がわからなくて見ているわけではないんですよ。車高調の組み方やワッシャーの仕様の有無やメーカーの仕様などを見ているんです。
メーカーによって違いますのでしっかり確認します。
クスコさんと純正との違いはアッパーマウントとベアリングの間のスペーサーです。

純正は入りますがクスコさんは入りません。こういった違いがあるんです。スペーサー有でもついてしまいますのでこういった所を見ているんです。

ABSの配線は少しきつめですが無事取り付けできました。標準でキャンバーボルト仕様になっていました。

リアの取り付けです。
リアは純正バンプラバーを外します。これも説明書に記載されています。
クスコの車高の調整方法はスペーサーリングの抜き差しで決めます。
今回は45mmダウンなのでスペーサーは無しです。

さて1G締めを行うのですがショックにバンプラバーが入っています。
現状45mmダウンでストロークは2mmほどしかありません。
バンプタッチな感じがします。
ですがこの車両は4WDになりリアデフがあります。リアデフとボディまでの距離も狭いのでこういったバンプの仕様になっているのかもしれません。このショックはバンプラバーが2個入っていますが説明書には抜いていいよって指示はありません。今回はそのままですがメーカーに聞いてみるのもよいかもしれませんね。

高さが決まって続いてインタークラーの取り付けです。

インタークーラー取り付けとブーストメーター取り付け

インタークーラー

トラストのインタークーラーは純正置き換えタイプでエーダクトもアルミ製のものがついています。
すべてバラバラで入っていてまずはダクトのステーをくみ上げます。
この作業の方がインタークラー取り付けより時間がかかります。
続いてメーターです。

ブーストメーター
PIVOTのメーターでODBⅡ接続とブーストメーターはエンジンルームより配管します。
このメーターの配管は室内まで持ってこないといけないんですよ。大変です。
昔の機械式見たいです。

作動確認して完了です。

ご来店時エンジンルーム内がLLCでビタビタになっていました。お客様に作業前にご説明をしたら先日ディーラーさんから治って帰ってきたばかりだったそうです。
治ってませんでしたね。見立てだとオーバーヒートっぽいのでサーモスタットあたりかもしれませんね。

 

四輪アライメント調整

アルトワークス 四輪アライメント

部品取り付けが完了したら四輪アライメント調整です。

クスコさんの車高調はキャンバー調整機能があります。長穴ではなく専用のカム式になっています。
カム式になっているのでネジ穴のあけ方はスバルのストラット見たいにあけてあります。

よく出ているキャンバーぼるととは違いボルトサイズも純正サイズと同じです。強度を考えた感じですね。
ブラケットもしっかりしている車両です。

キャンバーはフロントのタイヤの出面を考えてとスポーツ走行も考えての数値です。
トーも調整し四輪アライメント調整完了です。

車高の高さは

45mmダウンなので結構下がっていますね。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

やはりリアのストロークが気になります。
きれいな道ではさほど気になりませんが段差などのバンプタッチ感がかなりあります。
2重構造のバンプならもう少しソフトタッチでもよい感じもします。
クスコさんの推奨だと1cmのスペーサーが入るということになりますがその場合でストロークは12mmです。
それでも少ない感じはしますがどのあたりが狙いでの車高調になるのかが気になりました。
フロントの動きはマイルドな感じがある車高調でした。

インタークーラーの違いは判りませんが見た目はGOODです。メーターも同じく車両管理には大事ですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

メーターとインタークーラー取り付け18000円(税別) 車高調とラテラルロッド取り付け15000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)「