シロッコにH&Rのダウンサスの取り付けです。
シロッコって純正の車高の高さはヨーロッパ車とは思えない高さなんですよ。
純正はフェンダーとタイヤの隙間にこぶしが入るくらい空いてます。

H&R シロッコ

ダウンサス取り付け作業

フロントダウンサス取り付け シロッコ

なんだかこのシロッコどこの部分のナットも締め付けがかなり固いです。
いつも純正でこんなに固いことないのになんでかは不明でした。みんな緑のマーキングがされていました。

フロントはナックル事外します。
慣れていますので時間はさほどかかりません。
バンプラバーを加工してH&Rにスプリングを装着して戻します。

 

リアはマルチリンクです。
ブッシュは先に全箇所緩めます。
スプリングの交換は簡単ですがまずはブッシュを緩めてショックのストロークを1G状態で確認します。

最初はストロークを指1本ほどまでだして走行しましたがそれでも突き上げがかなりあります。
もともとはかなりのバンプタッチなので切らずに乗っていたら乗り心地はかなり悪いでしょうね。
指1本ほどのストロークでも段差での突き上げはかなりありました。
もう少しストロークを増やすます。ダウンサスの場合はバンプカットしかストロークを出すすべはないので調整量が乗り心地を左右します。

 

ストロークも決まり四輪アライメント調整です。

車高の高さ

車高の高さは結構低くなりました。
指1本ちょいって感じでした。

四輪アライメント調整

シロッコ 四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は前後のトーとリアのキャンバーがメインになります。

フロントのキャンバーの左右差はメンバーでおこないますが今回は数値に左右差はありませんでした。
リアのキャンバーはめいいっぱいおこしても2度ほどでした。
フロントもローダウン量が多いので少し多めのキャンバーです。

トーの数値を変更して調整です。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ストロークに違和感はありませんので段差でも気になりません。
現状ショック自体の動きもありますので安定感もショックが動く分あります。
やはり動きがなければタイヤにもフレームにも負担がかかりますのでストロークは大事だなって実感できました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け工賃 25000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)