ルノーのトゥインゴ3のダウンサス交換です。

ダウンサスのメーカーは ASオリジナルです。
付けたことがないメーカーになりますのでまずは仮付けしてダウン量を見ます。

サスペンション交換作業

サスペンション

まずはフロントです。
フロントはストラットタイプのサスペンションですが結構やりにくいです。
スタビリンクの取り付けがショックの裏側だったりして通常のストラットよりかなりやりにくいですがそこはテクニックですね。
フロントは純正でももともとストロークが少ないセッティングなのでバンプも有効な車両です。
なので今回のセッティングはバンプカット量で調整します。この車両のバンプラバーはフロントは途中にプラスチックが入っていますのでカットできる量も決まってきます。

リアサスペンション

リアです。
リアはスマートと同じつくりです。
この車両はリアエンジンになりますのでエンジンをよけるようにトーションビームが設計されていて左右をつなぐアームが後ろ側にあります。
スプリング交換はトーションビームのセンターのブッシュを緩めてショックを外せば交換できるのですがこれがめちゃめちゃ硬くて大変です。ロックタイトの赤なので緩み止めがきついのでしょうね。
何とか外して交換して1G締めです。
さてリアショックの純正のクリアランスも確認しましたがかなり純正でもストロークは少ないです。
さてローダウンして1G状態で見てみると完全にバンプタッチです。
この状態で一度試乗しましたが乗れたもんじゃないです。
なので今回はバンプを切れるところまでカットします。
通常カットができないバンプラバーです。考えて純正のようにダストカバーもなるようにつけます。

試乗後四輪アライメント調整です。

車高の変化

結構下がりましたね。

四輪アライメント調整

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整です。
リアは左右差も合わせるほどのガタもないため現状維持になります。
フロントはキャンバーもトーもしっかり調整をおこないます。
この車両もトーアウトの仕様の車両ですがリアの動きが少なくなっていて動き自体が純正とは違います。
フロントのキャンバーも基準値内ではありますが基準値中央よりは多めになっていますのでトーの数値も変更していきます。
外車は当店はあまりおこないませんのでどのセッティングが一番良いのかは申し訳ございませんがわかりません。なので一般的に考えるとでセッティングをおこないました。

試乗です。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ダウンサスでストロークは少ないものの純正よりスプリングの動きが強くなるころによって少ないストロークでも段差はそこまでは気になりません。現状がベストくらいだと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃25000円(税別)四輪アライメント調整15000円(税別)