さて前回四輪アライメントを実施させていただき足回りのリフレッシュをおすすめさせていただきましたエリシオンです。

その時リアのショックのボルトが固着ではずれないのは確認済みなので今回は少し大変な作業になります。

交換部品はショックのみです。

選ばれましたショックはKYBのNEWSRです。最近は色々なメーカーがショックのみを出してきてはいますがKYBさんは圧倒的人気ですね。

ショック交換作業

KYB

NEWSRは純正ショックより少し減衰力が上がっているモデルですがホンダ車はもともと純正ショックはKYB製ではないのでのり味が結構変化します。

KYBのショックの乗り心地はどちらかというとトヨタ車な感じですね。

リアショックの交換

ボルトカット

早速カットした画像ですがショックのボルトとショックのブッシュのスリーブが固着してとれないんです。

今回はロアアーム等はご用意がありませんのでカットして交換をしますがボルトのカットできる部分はここまでです。

裏側はナットがロアアームの溶接されていますので同時にカットしベルトサンダーで削り込みます。

このロアアームと面の状態では当然ショックは抜けません。

今度は少しロアアームを広げて片側に寄せてまた削り込み抜けるとことまで削り抜き取ります。

 

ショック

ブッシュはなんとかとれないかと無理やり回した結果です。

簡単に切れてしまうんですよ。少しねじれがあればブッシュに負担はかなりの物っていうことがわかりますね。

 

ボルト交換

塗装してボルトを代え取り付け完了です。

結構大変な作業でしたが無事出来上がりました。

リアショック

リアショック交換の完了です。

フロントショック交換

 

ショック交換

フロントショックはスプリングがかなり長いので取り付けはかなり大変です。

KYBのショックに変わりますのでショック自体の作りも違います。

交換完了後は1G締め直しです。

1G締め直し作業

エリシオン

ブッシュの強度って新車時はまだ柔らかいのである程度は乗り心地を考えなければねじれていても保てますが硬化がある場合は別です。

あっという間に切れてしまいます。

しっかり1Gの締め直しが重要ですね。

車高の変化はないですが今までの蓄積がどこにあるかがわかりませんのでしっかり行います。

試乗です。

ATの調子があまり良くない感じが前回はしていましたが今回はその感じはありませんでした。

ディーラー様には問題はないと言われたそうですがATFOILをディーラーさんにて交換したら良くなったそうです。

問題ないことなかったですね。

今回の足回りもかなり交換前とは変わった感じがでていますね。乗りやすいと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

サスペンション交換作業 16000円(税別)