TEINさんのサスペンションキットの取り付けとレボリューションのスタビリンク前後の取り付けです。

サスペンション交換作業

 

ショックとスプリングのセットの商品になりますので交換はさほど大変ではありません。
スタビリンクも同時に交換をしていきます。

スタビリンクは1Gの時点で長さの調整をしますのでとりあえず仮組みをしておきます。
車が新しいので取り外しはさほと苦労もありません。

 

リアです。

リアもショックとスプリングは組み込みのみなので簡単です。

スタビリリンクはバラバラなのでまずは位置を見てから取り付けとなりますのでブッシュを緩めてサスペンション交換をして1G状態で確認をしていきます。

 

 

1G締め

さて1G状態で確認をします。
スタビリンクの長さをこの時点で合わせていきます。
基本的にローダウン分の補正目的ですがリアは一番短い状態で良い感じです。
調整部分に緩みがでないかは心配な商品です。
取り付けには腐食防止のためカッパーグリスを仕様して取り付けをしていきました。

取り付け完了です。

試乗後四輪アライメントです。

 

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

フロントのキャンバーはローダウン分くらいの数値でちょうど良い感じです。

リアのキャンバーも問題はないですが若干の左右差はありますがノーマル今日範囲からですとノーマルであれば基準値内な感じです。

ショックとスプリングの場合はストロークもメーカーが考えているはずなのでこのキャンバー量でも問題は無いと思います。

余り内減り等がきになるようであればアムテックスさんの純正加工アームなどがおすすめかもしれませんね。

 

TEINサスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

動きはノーマル後期のマイルド感があるサスペンションですね。
ショックの減衰力が調整できますので力がほしいときは調整ができますので好みをあわせていくとより快適になると思います。

色々試されるのが良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換17600円(税込)前後スタビリンク調整式6600円(税込)四輪アライメント11000円(税込)