現在オートエグゼのダウンサスが装着されているお車です。

今回はブリッツの車高調の取り付けです。

この車両はフォグランプ付きのバンパーが装着されていてこのタイプのバンパーはフォグランプの高さが厳しいです。
現状のオートエグゼのダウンサスで高さめいいっぱいなので車検では脱着もしくは加工が必要になりますね。
今回はフォグランプは今後の課題で地上高を確保で調整していきます。

 

車高調取り付け作業

ブリッツはコンプリートですが締め付け確認が必要となっておりますのでしっかり確認して締め直しをおこない取り付けをしていきます。

 

取り付けは推奨は40mmダウンになっていますね。
オートエグゼのダウン量から考えるとリアが下がりすぎてしまう可能性がありますのでまずはおおよそに調整して取り付けをしていきます。

 

まずはフロントですがアッパーアームのボルトなどかなりの締め付けで締め付けされているのでまずは緩めるのだけでもかなりの苦労があります。

 

まずはブッシュを緩めて交換していきます。

スタビリンクはオートエグゼのものに交換していきます。

リアも同じく交換していきます。

リアは1G箇所のブッシュ部分は緩めた形跡がないため1G締めは行っていないですね。

リアも同じくブッシュを緩めて交換します。

 

車高の高さ

車高はオートエグゼより20mmダウンにセッティングしています。
これでフロアは5mm前下がりにセッティングをしています。

 

車高が決まれば1G締めをおこないます。

1G締め作業

ロードスター 1G締め

車高をブッシュを緩める前に行うと車高に変化がでるので必ず手間でもこの手順になります。
車高を決めたあとなので車高の変化はありません。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ロードスター 四輪アライメント調整

さて今回は街乗り主体で行っていきます。
キャンバーとトーは数値を変更して調整していきます。
多少の走りは犠牲にしてでもタイヤへの影響は少なくしたいですが気持ちよさも残したいのである程度走れる程度の数値にはなりますね。
せっかく車高調にしても走りにくさが出るのは問題ですからね。

キャスターは好みがでますので今回はある程度現状の車高の基準に沿う感じ仕上げています。

 

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

ノーマルよりマイルド感はある感じがしますね。
フロント直巻でリアは樽型っていうのがマイルドな感じをだしているんでしょうね。
ロードスターはロアアームにスタビリンクが付きますので車高の変化で効きも変わってきます。
ストラットの場合はメーカーが位置替えして長さを調整していますのであまり必要性はないですがダブルウイッシュボーンの場合はメーカー付属でない場合は交換すると効きに変化がでます。
メーカーが求めている乗り味ではないかもしれませんが少しスポーティになりますね。
メーカーが付けない理由で考えられるのは金額の問題かもしくは動きに必要なしの問題なんだと思います。
より取り付けしてどうなるか好みに近づけるかはメーカーに聞いてみるのもいいのではないでしょうか。
乗り心地が良くなるかは好みが皆さん全く違いますので聞かない方がいいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また機会がございましたらご利用お待ち致しております。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)オートエグゼスタビリンク取り付け2200円(税込)