レヴォーグの持ち込みタイヤ交換と1G締めに四輪アライメント調整です。

現在車高調に交換されていますが四輪アライメント調整などは実施していないそうです。

まずはタイヤ交換です。

持込タイヤ交換作業

まさて交換です。

タイヤの減り方から見るとかなりの数値が考えられます。
まずはタイヤを外して交換していきますがウエイトがほとんどありません。
もともとバランスも怪しい感じがします。
タイヤを外してみるとビート部分のゴムカスもそのままでしょう。かなりの量がついていて削り取るのに一苦労です。

綺麗にしてゴムバルブを変えてバランスを取りタイヤ交換完了です。

 

続いて1G締めです。

1G締め作業

さてまずはどう締めこんであるかも見ていきます。
ターンテーブルをおいてリジットラックを使って1G仕様にしていきます。
まずは緩めればブッシュはわかりますが1年前のサスペンション施工なのでブッシュにダメージはありますので戻りも少ない可能性もあります。
全箇所締め直しをしてリフトで上げてみるとリジットラックトローターまでの距離がかなり違います。
ということはブッシュは1Gの位置で効いているということになります。
ヘルパースプリングがある車両はリフトアップ時にプリドードがほとんどないのでこういった確認もできます。

 

四輪アライメント調整

やはり数値はかなりひどいです。
HKSさんの車高調ももともとフロントキャンバーはネガ方向になりますがそれでも調整の仕方によっては基準値まではしっかり収めることも可能です。

リアのキャンバーは調整不可です。ナチュラルにキャンバーは多めになりますのでトーの数値を変更して調整をしていきます。

調整可能箇所をすべて調整して作業完了です。

 

試乗です。

乗り味もだいぶ変わったと思います。
安定感もかなり向上していますね。フロントの設置感は全く別物に感じました。

もともと走行も危険に近い数値だったので余計ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。