デリカの四輪アライメント調整です。

左のリアのタイヤをぶつけてバーストしてしまったそうです。

ハンドルセンターは修正してもらったそうですがリアをぶつけてハンドルセンターがずれるということはスラスト角のずれが考えられます。
スラスト角がずれるということは左右のトーの差ができたことによることが一番考えられます。

試乗してみるとかなりの違和感がリアにあります。

四輪アライメント調整

 

さて測定してみるとやはりびっくりする数値ですね。
さてこの状態がどこから出ているのかを探すわけですがまずはトーの修正をしてみます。
カムめいいっぱい近くで何とか基準値に入った感じです。
さてとなるとずれは調整箇所より外の方が濃厚なのでやはりうたがうめきはナックルでしょうかね。
今回はキャンバーの数値も左右差がでませんでしたので調整で何とかなっています。
デリカはブッシュを引っ張ってトーの数値を修正していきますので外側の問題を中で修正すれば引っ張らなければなりません。調整範囲内なのでブッシュの負担は考えられているとは思いますのでよしとします。

数値はフロントの左右差も合わせて調整をおこないます。
フロントはキャンバーの左右差とトーの数値の修正できれいになりました。

 

試乗です。

違和感は消えました。
走っていても気になる感じもありませんので今回はこれでOKだと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整 10000円(税別)