ブリッツの車高調と減衰力コントローラーDSCの取り付けです。

このコントローラーは配線が太目なのでエンジンルームから室内へ入れるのは苦労しそうです。

 

車高調取り付け

 

車高の高さは現状より1cmダウンでのセッティングです。

G’sなのでもともと低いですね。
フロントはほぼ推奨くらいです。
DSC用のモーターも同時に取り付けしていきます。
フロントは取り付けした状態で車両に取り付けます。
モーターの配線は純正の配線が通っているところから通します。
余った分の配線もしっかり固定して室内にいれていきます。

リアです。

リアは室内にモーターになります。
後期は加工無しでつきますがメクラキャップはつきません。

車高は後5mm程度上げれるとことで1cmダウンとなりました。
ショックの長さも調整して車高の高さが決まれば1Gでブッシュ部分を締め直します。
車高調の取り付けは完了です。

DSCはモーターがTEINさんと似ていますがブリッツの説明書の取り付け方は簡易な説明しかありませんのでよくTEINさんを付けると不安になってきます。モーターの重さも全く違いました。
ブリッツは電源線はバッテリーなので電源線もバッテリーから引いてきます。

本体の取り付け位置はハンドル右側にセッティングです。
配線は余ったスイッチカプラーに穴をあけてそこから通していきました。
カプラーが少し大きいので少し穴は大きめですが配線が邪魔になるよりはよいと思います

車高の高さ

車高は1cmなのでそこまでの変化はありませんがもともとローダウンからの1cmなので低くは見えますね。

 

試乗後四輪アライメント調整

 

四輪アライメント調整

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの数値です。
長穴ブラケットの車高調をつけるとトーの数値は本当にひどい数値です。
キャンバーは車高ローダウン分くらいは変化させてトーの数値をセッティングです。

プリウスG’sのセッティングですと内減りがでてしまいますのでタイヤのことも考えてセッティング変更をしました。

数値もきれいになり四輪アライメント調整完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

減衰力は室内で触れますので走るステージでの変更は可能になりました。
この商品は取り付けに工賃は結構かかりますので費用対効果としてはどうかなっては思います。

車高調は可もなく不可もなしって感じの動きで街乗りでのローダウンでしたら問題ない感じです。

シートカバー取り付け

 

最後にシートカバー取り付けです。

シートカバーはオートウエイと言うメーカーの赤と黒のコンビタイプでした。
ホイールも車両もG’sカラーなのでこのプリウスにはマッチしていました。
ヘッドレストが左右逆になっていましたので直して取り付けいて作業完了です。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

DSC

そして差し入れありがとうございます。
最近バテ気味なので助かります。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別)DCS取り付け24000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別) シートカバー取り付け12000円(税別)