ロードスターの1G締めと四輪アライメント調整の作業です。
まずは1G締め作業です。

1G締め作業

ロードスター1G締め

お車は純正ビルシュタインのサスペンション仕様の車両です。
今回はスポーツ仕様に四輪アライメントの数値を変更します。

その前にしっかりブッシュは正常な位置にします。

アンダーコート
まず1つ目のブッシュをいつものように緩めようと思ったらアンダーコートが厚塗りしすぎてあって全く工具がかかりません。ここまでのは初めてです。
カッターナイフやスクレッパーで削って工具がかかる位置がわかったら工具をプラハンで叩き込みます。そうやって全箇所緩めました。次は締めなければなりません。締めるや調整する場合はボルト側も削る必要があるのでまた大変です。ここまでくると断念しとけばよかったレベルです。いくら純正でもいつもはせめて工具は押し込めば入るレベルですがなぜこんなに塗ってあるのか不思議です。あーだこーだしながらなんとか全箇所完了しました。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は数値はスポーツ仕様にしますがお車はノーマルなのでまずはフロントの数値でどこまでいけるか確認をしてからリアのキャンバーを決めました。
フロントの数値はライドハイドが一番低い状態だったのでその数値の一番最大のキャンバーでキャスターのカム全開でキャスターもよい位置になりました。サーキットですとブレーキング時の制御も考えるともう少し欲しいところですがキャンバーがつかなくなってしまうので限界ですね。
キャンバーをつけたい理由はホイールの出面にもありますので優先順位が決まっています。
フロントの数値に合わせてリアはバランスをとりキャンバーとトーを調整して作業完了です。

ロードスターは数値の変化で走りがかわりますので面白い車両ですね。

試乗です。

キャンバー分はハンドリングの軽さがコーナーではありますね。
グリップタイヤなので十分車両も反応してくれそうな気がしました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)