レガシィのBRGにSTIのスプリングの取り付けです。
この型のSTIのスプリングはダウン量はほとんどありませんね。

STIスプリング

STIスプリング交換作業

STIスプリングフロント取り付け

まずはフロント装着です。
BRGのロアアームはメンバーの上側にありますので1G締めはタイヤを外した状態でおこないます。
サスペンション自体は通常のストラットで純正ビルシュタインですね。
運転席側のショックにOIL染みみたいなものがありましたので現在はきれいに拭き取っておきましたので今後漏れなのか判断が必要になってきます。
ショック単体で押してもかなり硬さがありますので左右均等な感じでした。

レガシィリアスプリング交換

リアも交換です。
リアは現在のスバルはみんな同じ感じです。
この型のレガシィはかなりアッパーアームのネジが硬い車両がありましがこの車両は通常トルクな感じの硬さです。
ブッシュをすべて緩めてスプリングを交換し1G締めです。

 

1G締め作業

レガシィ1G締め

サスペンション交換完了のため1G締めをおこなます。
フロントもタイヤを外した状態で1Gで締めをおこないます。
フロントのロアアームも少しやりにくいんです。
リアはいつものスバルなので悩むこともなく作業完了です。

 

サスペンション交換完了で試乗後四輪アライメント調整です。

車高の変化

レガシィノーマル車高 レガシィ ローダウン車高

STIのスプリングは車高の変化がこの車両はすくないです。アイサイトのことが考えられているそうです。

 

四輪アライメント調整

BRG四輪アライメント調整

STIのスプリングで車高の変化もさほどありません。
四輪アライメントの数値は基本的に基準値にそう感じで良いです。
リアのキャンバーは少しついていますが基準値ギリギリといった感じです。
スプリング交換で少し楽しめる感じになるようフロントのキャンバーは若干変更です。

全箇所調整可能箇所は調整をおこない作業完了です。

 

STIスプリング装着と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて乗り心地ですがこの車両はSTIのスプリングにフロントのSTIタワーバー装着のみです。
先程のエクシーガもビルシュタインにSTIのスプリングです。
動きの違いはかなりありますね。
スプリング交換でアームはブッシュの車両とアームはピロ+その他のパーツでの違いの体感ができました。
硬さはスプリングのみの方が感じられますね。ブッシュの効きですね。街乗りでは車の動きをよく抑えてくれる感じがいいですね。
ですがコントロール性はエクシーガの方が断然あります。同じサスペンション形状でも使用でこんなに違うなんてって久々の実感でした。
サスペンションチューニングはこれだから面白いですね。l

それではこの度は京都よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)