WRXにSTIのリアメンバーボルトとメンバーブッシュに挟み込むSTIのパーツを取り付けします。

STIのメンバーボルトは以前取り付けして試乗した時に86ですが効果が結構ある商品だなぁって思った商品です。

STIメンバーボルト取り付け

まずはSTIメンバーボルトとスペーサーの取り付けです。
ボルトは抜いて変えるだけに+上下に前側はスペーサーを挟み込み後ろ側のメンバーブッシュは上側のみに取り付けです。

これで点で当たる部分を面でとらえるようになります。
メンバーリジット化のウレタン素材の用なバージョンです。

部品取り付け完了したら1G締め作業です。

1G締め作業

STIのスプリング仕様になっています。1G締めは行っていない感じの取り付けでした。
しっかり全箇所1G締めをおこないます。

リアはタイヤを外しておこなう必要があります。

フロントは純正ブレスバーを外せば下から可能なので下からおこないます。
この時点でメンバーも締め付けします。
アームもそうですがボディに取り付けする部分は1Gの方が理に適っていますからね。

四輪アライメント調整

1G締めにメンバーダウンでの締め直しなので数値もくるっていますね。
今回はワインディングを楽しみたいとのことなので数値も少し変更しておこないます。
WRXはフロントのキャンバーが純正でも大きく調整ができます。
ワインディングにある程度対応できるようタイヤを使ってセッティングになります。
街乗りが多いと多少タイヤの内べりは出るとはお思いますが走りたいときのことを考えると楽しさ優先ですね。

STIパーツ取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

リアのパーツで後ろの動きに固さがでましたので設置感が上がっている感じになりました。
動きの向上は街乗りではわかりにくいですがワインディングでは体感がしっかりできそうな気がします。
メンバーボルトの体感はリジカラより上ですね。
1G効果も十分あると思います。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額

STIパーツ取り付け4000円(税別)1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)