少し前にブリッツの車高調仕様の1G締めと四輪アライメント調整をおこないましたハリアーです。
その時点での乗り心地はかなり改善されたそうですが今回は車高をもう少し上げたいので車高調をやめてノーマルショック+ダウンサスにすることにしたそうです。

スプリング交換

NF210はダウン量が少ないですが乗り心地を優勢したスプリングです。
ノーマルではホイールとタイヤの隙間が少しきになるって方にはおすすめです。

車高調よりダウンサスに交換

スプリング交換

フロントは事前にダウンサスを組み込みしておき車高調を外して取替をします。
特別苦労はなく交換完了できます。

スプリング交換

リアは当店で1G締めをおこなっていますのでブッシュの位置が車高調仕様いなっていますのでロアアームを緩めるとアッパーアームは上に上がってしまいます。
なのでノーマルに戻す前にすべてのブッシュを緩めます。
それから車高調を外してノーマルに戻していきます。
ショックにバンプラバーにスプリントと交換していきます。
今回はNF210なので箱に書いてあるバンプカット量を参考に作業します。

1G締め

1G締め

先程緩めたブッシュをすべて締め直します。
リアはアーム外側はピロボールで内側はブッシュです。
フロントはアンダーカバーの脱着が必要になります。
リアも色々カバーなどを外しておこないます。
サスペンション交換作業よりこの作業の方が時間がかかっていたりすることもあるんですよ。

車高の高さ

高さ ハリアー

車高は全体的にあがっていますがリアはアップ量が以前の車高に比べると多いですね。
以前はフロア平行で車高調整をおこなっていますので前傾な感じの仕上がりですね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

今までより車高が上がっていますのでリアのキャンバーも少し数値的には良くなっています。
タイヤを見てみても全開1G締めと車高調整と四輪アライメント調整をおこなっていますのでさほど悪くないです。
前回のキャンバーから考えるともう少し内減りが出ても良い感じもしましたがそこまででした。
今回の数値の参考にして調整します。
車高調からダウンサスへの交換でブッシュもしっかり動かせれる仕様になっていますので動きもしっかりあります。
数値も少し純正よりに近づけての調整をおこないました。
前後のトーとフロントのキャンバーを調整して作業完了です。

ダウンサス交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

ホイールのインチアップしておりますのでNF210の柔らかさですとタイヤの硬さが若干でますね。
タイヤの設置感はしっかりわかります。ストロークも問題なくマイルド感もしっかりありますので乗りやすい感じになっていますね。
コーナーなどはやはり車高調の方が良さはある感じがしますので高速道路などは少し足回りの交換による戸惑いはあるかもしれませんので慣れてくださいね。
サスペンションの仕様は好みがありますので今回のダウンサス仕様に変更がご自身にマッチするといいですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

ダウンサス取付工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)