FTOにラルグスの車高調の取り付けです。

少し前に同じラルグスの車高調を組んでいますんので仕様などはある程度把握済みです。

ラルグス

新品の車高調です。

減衰力は中間でセッティングで車高の高さはご希望数値にセッティングです。

車高調取り付け作業

リア車高調

フロントの車高調の取り付けです。

この車高調はロアブラケットが長穴になっていてキャンバーの調整ができます。+ピロアッパー調整式のアッパーマウントがついています。

ですが以前にも取り付けをしていてキャンバーはかなりついてしまう車高調なのでロアブラケットは全開でおこしておきます。

 

フロント車高調

リアの車高調も交換なのですがリアのショックの取り付けのナットが完全に舐めていて通常でははずせれませんでした。

ツイストソケットで外しました。

他のナットもなめてしまったのかなんとホイールのナットで止めてありました。

今回はナットを交換して取り付けしておきました。

外れてよかったです。

車高をしっかり決めて1G締めです。

1G締め作業

1G締め

この車両はアッパーアームなどのブッシュの止め方が1G不可なのですがその他は可能なのでおこないます。

今までも車高調仕様でしたが全く行われていたけ形跡もありませんのでブッシュが変形していました。

今回の作業で正常に戻るといいのですが年式から言うと硬化がゴムは進んでしまっていますのでどうなるか気になりところではありますね。

試乗後四輪アライメント調整です。

この車高調は取り付けをするとフロントのトーの数値がとんでもない数値になりますので試乗だけでも結構危ない感じです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

 

フロントのキャンバーがロアブラケットを全開でおこしてもキャンバーは街乗りでは厳しいキャンバーになります。

なのでキングピンを起こしての調整になりますがこれもピロアッパーマウント調整式を全開でおこすことになります。

そうなるとカーブ時のキャンバーの入り方は純正より厳しい状態になります。

全開もそうでしたがまだカーブ時にタイヤのうねり音などはないので良いとは思いますがタイヤが数値通りに減ってくれるかはわかりません。

全開で寝かせれば多分7度近くのキャンバーになるとは思いますがどういった方がこのキャンバーが必要なんでしょうね。

 

FTO

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

車高調の走りは街乗りであれば乗りやすい車高調ですね。

ですがセッティングが出ていないの少し問題の商品です。高速でのカーブは多分不安感が若干出てしまう感じがします。

セッティングを出せる調整機能があるのに走れるようにするためではもったいない気がしますね。

現状のセッティングでは一番最適になっていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)