アルトワークスにKYBローファースポーツプラスの取り付けです。

街乗り用でKYBのサスペンションをチョイスされたそうです。

KYB

リアに減衰力調整がついていますので好みの動きに調整が可能です。

サスペンション交換作業

ショック

KYBのローファースポーツはバンプラバーの指定もありませんのでそのまま組み込みます。

この車両は純正もKYBのショックなのでメーカーもどれくらいの違いを出しているのか楽しみですね。

 

リアサスペンション

リアはショックに減衰力の調整機能がつきます。

この違いは純正との大きな違いになりますね。

スプリングの形状も純正とは違いますね。異形レートモデルですね。

車高

車高も結構下がっていますね。ブッシュ部分を1Gで締め直しをして試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーとトーの調整になります。

キャンバーは左右差をあわせて調整をおこないます。トーはサスペンションでトーアウトになっていましたので修正してきれいな数値になりました。

キャンバーとトーの変化でタイヤの減り方や走行性能はかなり変化しますのでサスペンション時は必要な作業ですね。

すべての調整とデータもでましたので試乗です。

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

リアの減衰力を8で走ったところ少しリアのショックの効きが硬い感じがありますね。車高の変化でストローク不足になるかとも思いましたがローファースポーツはもともとショックケースのスプリングが付く部分がショートになっていてストロークが違います。そしてスプリングの動きに対してショックの収まりが早いので段差でも不快感はありません。

純正より乗り心地がかなりマイルドになっていると思います。

車高を下げても乗り心地が確保できリアの減衰力で走りの変化もできるのでお手軽で良いサスペンションだなって感じですね。

楽しく楽にドライブできそうでした。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ショックとスプリング交換工賃12000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)