20系アルファードにKYBのエクステージキットの取り付けとその他の純正部品の交換と持ち込みタイヤ交換です。

KYB

純正部品もショックに取り付けで同時に変えられるものはほぼすべて揃っていました。

KYBのエクステージキットはカヤバさんのショックの中でも乗り心地を優先して開発されているモデルです。

最上級のドライビングを

ハイパワー化やボディー剛性の向上、高性能タイヤ装着、そしてサスペンションのチューニングと総合性能の進化が続くスペシャリティーカー。そんな新世代のクルマのためだけに開発されたプレミアムブランド「エクステージ」。
クルマそれぞれの持つ性格とオーナーのかたがたの思いを想像しながら一車種ごと先進の技術と匠の技を注ぎ込み作り上げました。
開発をしっかりされている印象の商品なので乗り心地はいつも良い感じ物が多いです。
減衰力もメーカー指定での数値で取り付けをおこないました。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

フロントです。

GGH20はストラットモデルの車両なので交換はさほど大変ではないです。

今回はショックの下側のゴム部品以外はすべて新品がありました。

1箇所はもともとの物を使用して取り付けをおこないました。

 

リアサスペンション

リアはすべてありました。20系アルファードはトーションビームになります。

交換完了には1Gの締め直しをして完了です。

持ち込みタイヤ交換

タイヤ交換

タイヤはレグノです。

18インチのレイズのホイールに古いタイヤを外して交換しバランスド調整をおこないタイヤ交換完了です。

タイヤは中古でしたが溝は結構ありますね。

車高の変化

エクステージ アルファード

車高も思っていた以上の下がっています。

試乗後四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整の箇所はフロントのキャンバーとトーの調整です。

リアはトーションビームになりますので数値の確認のみになります。

フロントのキャンバーの数値をあわせて調整しトーの数値を修正です。

調整前は結構なトーアウトになっていましたのでしっかり修正して作業完了です。

 

KYBエクステージキット取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地はしっかりしているサスペンションです。動きは減衰力メーカー指定で少しショックの効いた硬さがあります。KYBのショックの場合は少し慣らしをすると柔らかくなってくる傾向があるので慣らしが終わったことに減衰力の変化を楽しむのもいいと思います。

四輪アライメント調整後はサスペンション交換時の試乗のときに比べ格段と直進性がよくなっています。

良い感じの仕上がりとなりました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

サスペンションキット取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)