車高調はRS-Rの中古の車高調の取り付けです。

BEST-iの車高調の取り付けで車高の高さは低めのご希望です。

車高調取り付け作業

フロント取り付け

まずフロントの車高調です。

車高調はコンプリート車高調になりますね。

取り付けは30プリウスはさほど 大変な形状では無いので慣れていれば簡単です。

中古のRS-Rですと取り付けで心配な部分があります。

車高調

アッパーマウントのブッシュです。取り付け前はさほど気になりませんでしたが取り付け知てみるとアッパーのロッド部分のブッシュが変形しています。

ほとんどのRS-Rのストラットのブッシュはこうなりますね。中古でご購入をする場合は注意が必要ですね。

今回の車高調の使用頻度はわかりませんがキャンバーを変更するためにはRS-Rはアッパーの六角ボルトを外して反転しないといけませんがこのボルトも固着などで緩みません。なのでキャンバーは通常の位置での取り付けになりました。

リア取り付け

リアはストロークは一番短い状態でノーマルのショックと同じ長さくらいなので車高のダウン量によってはバンプタッチします。

この車高調はバンプラバーとダストカバーは純正流用になります。

今回は車高のダウン量でバンプまでの距離を1Gで見ると完全タッチのためバンプ加工しました。

あまりショックを調整式にしている意味が無いですね。

車高の高さ

プリウス プリウス

低めです。

1G締め後に試乗して四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

フロントのキャンバーはアッパーマウントでの変更ができませんでしたので数値はほど0付近になります。

もともと基準値で取り付けを行う場合はキャンバーは車高調の動きなのに基準値よりおきてしまうことになりますね。

ストラットのガタが純正並みにありましたので今回はストラットボルト部分でできる所までキャンバーは付けました。

タイヤホイールの面が結構厳しいので車高の状態からだともう少しキャンバーがほしかったのです。

数値は車高調に問題がなければ偏摩耗がでないくらいでの調整ができました。

30プリウスはフロントのみのキャンバーとトーの調整になりますがこの部分が一番大事ですね。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ホイールも大口径ホイールなのでタイヤが扁平でタイヤの硬さが結構でています。

反発力の強いRS-Rの車高調ですと余計にタイヤのちからが感じますね。

減衰力の調整でこのみに合わせることができるともう少し良くなってくると思います。

前回はサーフでリフトアップのご依頼を頂き施工させていただきましたが今回はかなりのローダウンです。

走る場所も乗り方も変えないと行けないですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)