アルテッツァにブリッツのZZ-Rダンパーの取付です。

車高調のバネレート変更済みでの取付です。

スプリングはリアはJICのスプリングが装着されていました。JICの直巻のイメージがあまりありませんので乗り心地はどうでしょう。

ブリッツ車高調

減衰力中間の3cmダウンで前後バランス取りのセッティングで取付をおこないます。

バネレートアップで伸び側と縮側のストロークはどうなっているのかが気になります。

車高調取付作業

フロント車高調

アルテッツァはフロントはダブルウイッシュボーンです。アルテッツァも根強い人気者ですね。

 

リア車高調

リアも車高調交換です。リアはメンバースペーサーなどが入っていますので動きも少し変わってきますね。

1G締め作業

1G締め

アーム類も純正だとは思いますがほとんど交換されていますね。

いままでがKYBのNEWSRでしたので乗り味も結構変化がでてきますね。

アルテッツァ

車高は良い感じの高さになりました。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント

四輪アライメント

今回は街乗り仕様でのセッティングです。

バネレートアップで乗り心地の方も試乗である程度確認しましたので数値もある程度変更です。

純正数値ではなく街乗りで車高調らしいセッティングです。

ハイレートでも減衰力が足りてしっかり動かせれば乗り心地も結構いいんですよ。

動く足と言えばブッシュの動きもありますが直巻きのスプリングのメーカーでもこのショックには相性がいいけどなどもあります。ショックの特性とスプリングの特性と乗り手の求めるものが一致すると乗り心地もかなり良くなります。

車高調のセッティングって結構面白いです。メーカーそのままが良いとは限らないから始まりますね。

直巻きスプリングのメーカーで乗り心地が全然違うことを知らない方は多いですね。

ダウンサスの乗り心地が違うように直巻きも全く違うんですよ。

スプリングの説明はまた時間があるときに書きたいと思います。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さて今回は純正のスプリングではなくバネレート変更がされています。

現状ではハイレート分の伸び側のストロークが少なくなっています。

伸び側が減っても走りや乗り心地には影響がでます。

ハイレートにした場合はいかにショックの有効ストローク長さを上手にセッティングできるかになります。

バネの長さの変更で通常はヘルパースプリングで伸び側のストロークを調整しますが今回は元々プリロード0付近の車高調にスプリングの長さがメーカー純正と変わらない場合は遊びが出てしまわないようにセッティングをしないといけないためショックが縮まず伸び側が少なくなってしまうんです。難しいんです。

今回は若干なので乗り心地の悪化までは至らずで済みましたね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)