S660にブリッツZZ-Rダンパーの取り付けです。

ブリッツ

車高は2cmダウンの減衰力中間でセッティングです。

ブリッツの説明書のダウン量は15mmダウンになっています。

現状最低地上高が10cmほどになる予定での組付けです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

S660もかなりの台数をこなしてだいぶ早く交換ができるようになりました。

外し方次第で作業効率がだいぶ変わってくる車両です。

リア車高調

リアの車高調取り付けです。

スタビリンクも付属の物と変えるのですが純正スタビを外すのにかなり固く苦労しましたが外れてよかったです。

はずれない場合はボルトのみカットして外しますので交換はできますよ。

1G締め直し作業

1G締め

リアはストラット形状ですがロアアームなどのアームはタイヤを外している方が簡単なのでこの状態でおこないます。

ストラットボルト部分は長穴になっていますのでキャンバーの調整幅がかなりあります。

車高の高さの比較

S660 2cmダウン S660

2cmダウンですが結構下がっていますね。比較するとよくわかります。

取り付け後試乗して四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

ブリッツの車高調はフロントもピロアッパー調整式になりますので前後のトーとキャンバーの調整がしっかりできます。

今回は街乗り仕様と言うことなので数値は先程の試乗での動きも考えて調整をおこないます。

リアストラットボルトの長穴で調整をおこないますがもともとこの車両はリアのキャンバーが純正でも付けてあります。

今回は少し数値変更をおこないます。フロントも同じく純正とは違うストローク長なので変更して調整です。

トーの数値もキャンバーに合わせて変更をおこない街乗りでも機敏に感じられるようにセッティングしました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

思っていたより初期の揺れはある感じがします。特にフロント側が感じられます。純正でもこの車両は結構揺れますので同じくらいかもしくは少しブリッツの方がマイルドかっていう感じです。

コーナーのロール感は結構少ないです。その分四輪アライメントの数値も変更をおこなっていますので街乗りでも機敏に走れていると思います。

減衰力の調整である程度は好みまで調整ができそうな気もします。

いつもよくこの車両に取り付けする車高調はHKSさんやTEINさんが多いのでまた違った乗り心地でした。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃 14000円(税別) 四輪アライメント調整 10000円(税別)