現在はタナベさんのNF210です。

車高が低くなりすぎているので今回はKYBのローファースポーツキットをチョイスされました。

サスペンションキット取り付け作業

ローファースポーツキット

CX-3はデミオベースになりますのでフロントはストラットモデルでリアはトーションビーム車になります。

ローファースポーツキットはダウン量は少ないモデルなので現状よりは車高は上がると思います。

フロントサスペンションキット取り付け

サスペンションキット

KYBさんのショックローファースポーツはロッドとスプリングのお皿より上側がショート加工されています。

なので取り付け部分やショック自体はショートではありません。

なのでケースを短くするといろいろ弊害がでますがこの場合はストローク分の位置変更っていう感じですね。

リアサスペンション交換

リア足回り

もともとリアの突き上げが結構あったそうです。

今回はショートストロークと車高アップでストロークには少し余裕がでましたが乗り心地の影響はどうでしょう。

ショックの取り付け位置が上側方向にCX-3の場合は取り付けされますね、ショックが外側になる分ダイレクト感はでそうな感じもします。

1G締め作業

1G締め

1G締めの作業です。

CX-3はトーションビームの付け根のネジの位置がタイヤを脱着しないとできないため外して行います。

車高の高さ

CX-3

車高はタナベに比べると結構あがりました。

試乗での乗り心地ですが

リアの動きが少しきになる感じがあります。

ストロークはある感じですがショックの硬さなのかリアの硬さが気になります。

荷物や乗車定員が増えると乗り心地は安定しそうな感じです。

四輪アライメント

全体的にショックの効いた感じがあります。

前後での違いが違和感を出してしまっているんでしょうね。

さて四輪アライメント調整です。

この車両はフロントのキャンバーとトーの調整を行います。

ストラットボルトでキャンバーを整えてトーの調整をし数値もきれいになりました。

 

KYBローファースポーツキット取り付けと四輪アライメント調整後の試乗

全体的にタナベNF210のときに比べると硬さはでた感じはありますね。

ですがストローク不足の硬さでは無いので運転はしやすいです。

フロントとリアの動きの違いは少し気になるところがあります。

ショックの動きも少しするとKYBの場合は変化してくることが多いので少し馴らしをして動きに変化がでれば良いですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

サスペンションキット取り付け工賃16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)