エスクードにトヨシマのワンサスの装着です。

エスクードも4WDスタイルの車両ですが車高は乗用車なみなのでリフトアップすると雰囲気もいっきに変わりますよ。

アップスプリング取り付け作業

巻き数の多いスプリングですね。長さは純正とさほど変わらなかったです。

まずはフロントからの装着です。

フロントアップスプリング取り付け

エスクードのフロントはストラットモデルです。4WDでは珍しですがデリカもそうですね。

 

モンローのキャンバーボルトも同時装着です。

この車両は説明書通りの取り付けですが調整機能が働かないのでワッシャーの位置を変更して取り付けです。

もともとこの付け方が正解な気もしますが。

 

リアスプリングんの交換です。デリカよりは取り付けしやすいです。

バネピッチは狭いですね。アップの場合はバネレートを上げるか長くしてアップさせるかが多いですがこのアップサスはノーマルと長さがさほど変わらないのでピッチを増やしてバネレートも上げているんでしょうね。その分乗り心地はソフトになり取り付けしやすいです。

1G締め

1G締めで取り付け作業完了です。

ライドハイドを図ると結構上がる計算になりますがどうでしょう。

 

今回はタイヤも同時に取り付けていてサイズも違いますので正確にはどれくらい上がったのかわ変わりませんが確実に車高が高くなっています。

のった感じが全く違います。

取り付け後の試乗です。

タイヤの硬さもありますので少し固いですが全然乗れるレベルの硬さです。車高が上がってロールが増えるよりは乗りやすいと思います。

 

四輪アライメント

 

最後に四輪アライメントです。

フロントはキャンバーボルトそ装着しましたので良い数値まで調整ができました。

リアのキャンバーも調整機能がありますので調整をおこないますが純正基準値よりは少しキャンバーはおき気味です。

偏摩耗が出るレベルでは無いので問題はないでしょう。

調整できる範囲で最適になったと思います。

 

アップスプリング装着と四輪アライメント調整後のインプレッション

リフトアップもローダウンも同じですが乗った瞬間の目線の違いと車内に乗り込んだ時のノーマルと違う違和感が嬉しくなりますね。

走行はほとんどがノーマルとは変わってしまいます。

いつもスプリングをつける際にイメージをします。このメーカーの巻き方などもおおよその想像内でした。

ショックの伸び側にもう少し余裕があるといい感じだとは思いますが純正マッチングでは限界ですね。

ノーマルショックでしたら十分な乗り心地だと思います。

 

それではこの度は静岡県よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

アップスプリング交換16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)