先日タイヤ交換時にリアのショックのオイル漏れを確認いたしましてご連絡させていただきましたクラウンです。

本日はショック交換のご依頼をいただいておりますので交換作業です。

選ばれたショックはKYBのエクステージのショックになります。

32段調整のモデルです。エクステージは乗り心地に定評があります。

KYBエクステージ

今回はスプリング以外の純正部品はすべてお持込されました。

スプリングはそのまま再使用です。

サスペンション交換作業

フロントショック交換

スプリングはかなり長いので取り付け時はかなり縮めないと交換ができません。

組み付けするとバネがバナナの用になりましたが1Gで確認してみると通常でした。

 

クラウンショックオイル漏れ

結構リアのショックは漏れていました。押してみてもかなりスコスコになっていました。

ショックの機能はありませんね。

 

リアショック交換

リアの純正スプリングで少し長いです。下皿の向きに注意して取り付けます。

純正スプリングとKYBエクステージのマッチングはどうでしょうね。

1G締め直し

1G締め

完了させるには1G締めで完了です。

全箇所しっかりおこない取り付け作業完了です。

さて試乗です。現在減衰力はKYBの推奨する段数に調整です。

試乗の感じですが違和感の無い感じです。ロール感はかなり少ないですが直進ではノーマルの用な感じなので違和感なく運転が可能なんだと思います。

減衰力がついていますので好みのセッティングが出せそうです。

四輪アライメント

クラウン四輪アライメント

四輪アライメントはノーマル車なのでノーマルのセッティングです。

調整箇所は前後のトーの調整が可能なのでしっかり調整をおこないます。

その他の数値も確認し数値は車両に異常がある感じもありませんのでサスペンションのリフレッシュ第一段階は完了ですね。

 

ショック交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

もともとリアショックが抜けていましたので収まりの無い感じと動きが緩やかでは無い感じがありましたので取り付け後はしっかり収まりがついています。

エスステージのショックはいつもスプリングと同時に代えることが多いので今回はノーマルでどう変化が出てしまうかと思いましたが良い感じでした。

減衰力も現状でノーマルに近く感じると言うことはどちらにも調整ができますので好みのセッティングが出せますね。

これが減衰を上げていないと収まらないショックなどだと調整幅も狭くなります。

車高の変化はしたくないっていう方もおすすめのショックでした。

 

参考取付工賃

ショック交換工賃16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)