ABARTH 124 spider(アバルト124スパイダー)にディベルティのダウンサスの取り付けです。

アバルト124はロードスターとサスペンションが同じ形状ですね。

純正からビルシュタインのショックが装着されています。

ロードスターとは車重が違うためサスペンションの仕様も違うのでダウンサスも当店ではあまり取り付けをおこなわないメーカーではあります。

ディベルティダウンサス

ディベルティ(diverti)のダウンサスの箱の中にはバンプの加工方法が書かれた説明書が入っています。

ディベルティのダウンサスは初めての作業になりますので説明書通りにおこないます。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション交換

まずはフロントのダウンサス装着からです。

サスペンション形状はロードスターと全く同じなので交換自体はよく行っておりますのですぐにできます。

今回はバンプのカットというよりバンプを成型しないといけません。

バンプラバーのカット

フロント加工

純正のバンプラバーを1インチカットした後で削って形を説明書の用にします。

だいぶショートに加工ですね。

ブッシュはすべて緩めておきます。あとで1G締め直しをしっかりおこなうためです。

リアダウンサス取り付けです。

リアダウンサス

リアも同じくブッシュをすべて緩めます。

リアはアンダーカバーの脱着が必要になります。

アバルト124スパイダーの場合はロードスターより余分にアンダーカバーがあります。

リアバンプカット

リアバンプカット

リアのバンプラバーは1.75インチになりますので4.5cmほどのカットです。

カットの上に成型をしていますのでさらにショートになっています。

バンプまでの距離がどれくらいになるのか車高がどうなるのかがすごく気になります。

1G締めとバンプラバーまでの距離

1G締め

さて1Gの状態でバンプまでの距離を確認してみます。ライドハイトを見てみるとダウン量はフロントはかなり下がっていますがリアはさほどです。

バンプラバーとショックの距離を見てみるとフロントはいつも通りくらいですがリアのストローク量はかなりあります。バンプラバーまではよほどでないと下がらない感じです。

この量はどういった意味があるのかですね。

1G締めを完了させて試乗です。

 

やはりリアのストロークがかなりあります。コーナーでもかなりリアが沈み込む感じがあります。

パワーがかなりあるお車なのでトラクションを考えてなのかわかりません。

divertiダウンサスの車高の高さは

ノーマル
ノーマル車高

124スパイダー

かなりの前下がりのセッティングです。

メーカーHPの画像より下がっていますね。

試乗ではノーマルよりかなりマイルドなセッティングになっていますので街乗りは楽になりそうです。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントにつきましてはロードスターと仕様が違います。

アバルトは専用セッティングですね。

数値を見てみるとリアをかなり重要視している基準値です。ロードスターより100キロ思いとは言えこのパワーなので完全にパワー重視のセッティングです。タイヤを使って早く走る感じです。

今回はセッティングは足廻りもマイルド感がありますので変更しておこないます。

もう少し素直な数値に変更をおこないました。

リアの沈み込みがどの程度になるのかですが純正よりは沈み込んでいきそうな感じなので数値はだいぶ重要になってくると思います。

調整後の試乗ですが調整前に比べればだいぶリアが楽になった感じがします。

街乗りでは走りやすいと思います。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。