レヴォーグ VM4に純正のビルシュタインショックとSTIのスプリングの取り付けをおこないます。

中古品ですが新車外しだそうです。見た感じかなりきれいで全く走行していない感じがします。

ビルシュタイン

別々でのご持参なので当店でくみ上げています。

純正のスプリングと長さはさほどかわりません。巻き数はSTIの方が多いです。

サスペンション交換作業

まずはフロントサスペンション交換から行います。

STIスプリング

フロントはストラットモデルです。スバル車はこの足廻りで定着していますね。

STIのスプリングは文字が前に来ますので組付けたあとみるとかっこいい感じがします。

車高の変化はないスプリングですがロアアームブッシュは緩めておきます。

 

リアスプリング

続いてリアです。

リアはスプリング下の受け皿に向きがありますので純正に合わせてスプリングの向きを揃えます。

リアもブッシュを緩めて1G作業です。

 

1G締め作業

1G締め直し

車高の変化はほとんど無いそうですが1G締めはしっかりおこないます。

ブッシュの重要性はかなり高いので正常な状態で四輪アライメントをおこなうことが大事です。

 

1G締めを終えれば試乗し四輪アライメントです。

 

試乗はノーマルよりビルシュタインショック+STIの方が反発力は強い感じがします。

コーナーでの車両の起き上がり方はビルシュタインのショックの特徴があります。

このお客様もずーとビルシュタインの足廻りの車両に乗っておられたそうで何か動きに違いをかんじてしまっていたそうです。

そうなんです。ビルシュタインのショックって好き嫌いもありますが癖になってしまうんです。

今回はSTIのスプリングも付けていますのでまたノーマルとは少し違った動きをします。

ロードピッチングは少なくなっているので直進での乗りやすさは向上していると思います。

 

四輪アライメント

四輪アライメント

続いて四輪アライメントです。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整です。

動きの変化はありますが車高の変化はなくリアのキャンバーの数値も純正値との変化も少ないので今回は基準に従って調整をおこないます。

味付けはできますがまずはお車も新車なのでノーマルの乗り味を体感するのがベストだと思います。

数値もキレイに純正値になりました。

 

サスペンション交換と四輪アライメント後の乗り心地

四輪アライメントの数値もキャンバーボルト車は数値の狂いが大きいので調整後の試乗は乗り味が結構変わってきます。

安定感はかなり良い感じです。 ビルシュタインのショックとSTIのスプリングのマッチングもよい感じです。

この車両のフロントのスプリングはかなり純正でも短いスプリングなので動きが気になっていましたがしっかり動きます。

レヴォークで多いリアの乗り心地の不満は特別通常走行では感じません。

 

トータル的にまとまっている乗り心地となりました。

レヴォーグ

それではこの度は大阪府よりご来店ありがとうございました。

また何かございましたら少し遠いですがよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額 サスペンション交換 16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)