フロントタイヤの偏摩耗が気になるようになってきたそうです。

ヴォクシーは少し前に中古車でご購入しているそです。

偏摩耗の原因を調べていきます。

四輪アライメントの測定

ヴォクシー四輪アライメント

現状TRDのスプリングが純正のショックに組み込みされています。

試乗での走行時の異音がかなり気になります。

さてまずは数値の前に車両点検です。

そうすると現在のバンプラバーが完全にタッチしています。

ハンドルを切っている時の音はこれですね。ですがここでも問題です。バンプラバーが片側反対向き装着されています。

どんな取り付けなんだか。こんな取り付けを見るとその他もなにか問題があるかもしれませんね。今回は偏摩耗の原因の1つのバンプタッチをなくすためバンプの件はお客様にご説明をしてカットをおこないました。ですが切り方は逆になります。揺すってみるとショック自体の収まりが全くありませんので特に助手席側はほぼ抜けてしまっていそうです。

問題点はいくつかありますが四輪アライメントの数値を見てみるとさほどそこまでひどい数値ではありません。

今回はキャンバーとトーの修正をおこないましたが原因はショックの劣化などにもありそうです。

調整後の試乗ですがご来店時の異音は少なくはなりましたがやはり収まりがないです。

ショックが動くようになりましたので突き上げは無くなりましたが揺れがでましたね。

そろそろショックやアッパーベアリング等も交換時期がきていると思います。

その際はよろしくお願いいたします。

それではこの度はありがとうございます。

参考取付工賃 四輪アライメント10000円(税別)