ブリッツ車高調

お持込での車高調取り付けです。

車高調はブリッツの車高調になります。車高の高さはメーカー推奨で減衰力は中間でのセッティングです。

ブリッツの車高調は完組みに見えますがブラケット等も締め付けられていないので締め直しやアッパーマウントの締め直しをおこなってから取り付けをおこないます。

アッパーマウントのネジはよく緩み異音の原因になる場合が多いです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントの車高調からの取り付けです。

MR-Sが前後ストラット車になります。ブリッツはいつも思いますがブラケットが1重で薄いです。

前後ともにスタビはクスコさんの物が装着されていました。

キャンバーは長穴ブラケットと調整式のアッパーマウントで可能です。

 

リア車高調

リアも同じくストラット式です。

ストラットボルト部分は長穴になっていますのでキャンバーの調整が可能になります。

 

 

1Gの締め直し作業

四輪アライメント

マルチリンクよりは数は少ないですがブッシュ部分はしっかり締め直しをおこないます。

沈み込みの量を見ると結構固めな感じがしますがスポーツカーなのでそれもそうですね。

交換後の試乗です。

現状四輪アライメントの数値が狂っていますので乗り味はかなり気になります。

硬さはありますがしっかりしている感じはありますので硬さはさほど気にはなりません。

スタビのせいかコーナーでの挙動がかなりわかる車両な感じです。

ブリッツの車高の高さは?

ノーマル車高 ローダウン

ものすごいロースタイルでは無く程よく車高の変化がある感じです。

さて四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて数値ですがやはりかなり狂っていました。

前後ストラットでキャンバーができると数値も酷くなりますね。

しっかり調整です。

街乗りメインでの仕様と言うことでMR-Sのミッドシップとしての動きが感じられるセッティングで四輪アライメントの方はおこないました。

リアのキャンバーは思っていたほど付きませんので内べりがでない程度の数値に調整をおこないました。

フロントのキャンバーもストロークが少ない状態でも反応が早い車高調でなおかつスタビが交換されているのでロール感も少なくなっています。

サーキットでは無いのですがそれなりの仕様にしないと活かしきれません。パーツを活かそうと思うとタイヤには負担がかかります。

あくまで街乗りメインなんですが難しい所です。当然純正の数値では逆に乗りにくくなってしまいます。

今回はミッドシップを味わう数値だと思う数値に調整をおこないました。

調整後の試乗ですが低速でリアの動きがコーナーでものすごく感じます。ハイスピードでのリアの反応がどれくらいなのかは気になりますがハイスピードになるとタイヤはやはりハイグリップタイヤになってきますね。

街乗りでは十分楽しめる仕様になったのでは無いでしょうか。

それではこの度は静岡県よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)