今回アラゴスタの特注の車高調でリフトアップされたそうで1Gの締め直し作業と四輪アライメントのご依頼をいただきました。

先ほどはローダウンのレヴォーグでしたが今回はリフトアップです。どのような違いがあるか楽しみです。

試乗では少し硬い感じがありますがロール感はリフトアップしている分ありますね。

リアの突き上げが気になります。少し異音もありますね。

1Gの締め直し作業

1Gの締め直し作業

まずは1Gの締め直し作業をおこないます。

スプリングのピッチがかなり狭い車高調ですね。

どれくらいのアップ量かはわかりませんが先ほどの車両と比べるとかなり高く感じます。

1Gの締め直しはローダウン車よりはやりやすいです。

ロアアームの根本部分のネジが左右とも締め付けがされていない感じでしたので異音はこの部分でしょうね。

これで足廻り交換は完了です。

すべて締め直して四輪アライメントの実施です。

四輪アライメント作業

 

四輪アライメント

車高調はピロアッパー調整式の車高調です。

現状ご来店時の数値があまりよくなくフロントタイヤが片側内べりの変摩耗をおこしていました。

キャンバー角が片側だけ2度付近になっていました。

ヒール&トー摩耗(段減り)になっています。

この場合タイヤの回転方向と逆向きに摩耗していますので今回は1G締め直し時にタイヤを外していますのでフロントのホイールをリアに持っていきクロスで後ろのみローテーションをおこないます。

そうすることで変摩耗の方向が回転方向とあうようになりますので逆よりはましになります。

キャンバーの数値の違いですがピロアッパーマウントは左右で揃えています。これはキングピンの左右差を減らしたいからです。ですが純正のキャンバーボルトは左右で真逆のセッティングで左右差が保てました。キャスターの数値にも違いがありますのでこの場合ブラケットの制度に問題がある場合が多いです。

現状では最適になるようキャンバー角を調整しリフトアップでロール感のある足廻りなのでキャンバーの量を間違えるとタイヤの変摩耗はかなりでてきそうですし乗りにくくなりそうです。

今回は珍ししい車両でのリフトアップになりますのである程度の予測で数値を決め調整をおこないました。

調整後の足廻りの動き

調整後の試乗ですが異音はなくなり直進感はかなり向上しています。

ご来店時の足廻りの動きとはかなりの違いがでましたね。

コーナーはリフトアップでロール感がありますので思った以上にキャンバーの動きがありますので初期キャンバーの数値は設定値で良さそうだと思います。

試乗でもよいフィーリングになっていると思います。

それでは福井県よりご来店ありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 1Gの締め直し6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)