ビルシュタインショックの取付

ビルシュタインダンパー

ショックとブレーキのローター、パットを一掃します。

アッパーマウントやタイロッドエンドも交換です。

サスペンション交換作業

 

ショック交換

まずはフロントからの交換です。

この車両北海道で走行されていたそうで下回りのサビがかなりひどい状態です。

まずはワイヤーブラシでボルトやナット部分を削り工具がかかるようにします。

固着がきつい部分はバーナーで炙って温めてから外しました。

何とか外れ交換できました。

タイロッドエンド

タイロッドエンドをサビで外すのに苦労しましたが交換できました。

 

 

 

リアショック交換

リアはゴルフと同じタイプの足廻りです。

ショック交換にはスプリングの脱着が必要になりますのでスプリングを一旦取り外し交換します。

ブレーキパット+ローター交換

フロントブレーキ

 

リアブレーキ

前後のローターとパットを交換します。

これまた固着で外れません。外車のローターは国産車の用に取り外しのためのボルト穴が無いので今回は交換部品もありますので裏から叩いて取り外しました。

ナックルはかなりのサビでワイヤーーブラシである程度は錆落としをして戻しました。

 

1G締め直し

交換完了後は1Gでの締め直しをおこない作業完了です。

この状態でボルトが回るかは確認しましたのでとりあえずアームとの固着はなさそうです。

完了後は試乗です。

今回もともとビルシュタインのスプリングがついている物を使わずノーマルのスプリングに組み合わせていますので乗り心地にどのような変化をもたらすのか組んで見ないとわかりませんでしたがしっかりとした感じでの走行がでていると思います。

四輪アライメント

 

四輪アライメント

四輪アライメントの数値は調整前に調整箇所のボルトが完全に回るか確認をしていますしトーのカムについては脱着し清掃し再度取付をしていますので数値がとんでも無い数値でした。

四輪アライメント前提での作業なので仕方ないですね。

車高の高さはノーマルですがご来店時より車高が上がっている感じです。ショックの変化で車高がだいぶ変わった可能性はありますね。

数値は今回はしっかり純正値に近づかての調整です。

調整後の試乗ですが乗りやすいです。国産車でこの硬さですと少し気になりますがヨーロッパ車はボディー剛性がいいのかしっかり走れます。

 

トゥーラン

作業時間が少しかかりましたが無事完成できました。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 サスペンション交換工賃25000円(税別)四輪アライメント15000円(税別)ブレーキパット+ローター交換16000円(税別)