RS-Rダウンサスの取り付け

RS-Rダウンサス

RS-R Ti2000のダウンサスの取り付けです。

 

フロント取り付け

まずはフロントからです。

フロントはストラットタイプの足廻りでアッパーはセンター1本止めのタイプです。

ドライブシャフトさえ気よつければ問題無しです。

バンプラバーはカットで取り付けをおこないます。

スプリングの長さ

純正とのスプリングの長さの違いです。

だいぶ長さが違いますね。

 

リア取り付け

リアはトーションビーム車両です。

スプリングが結構長いのでトーションビームの根本も最初に緩めて外さないと外れません。

スプリング交換って簡単なようで結構大変なんですよ。いろいろ配線を引っ張らないようにしたりとかも必要です。

文章で書くと簡単になってしまいますね。

1Gでしっかり締め直しをおこないます。

1gの締め直し

フロントはアンダーカバーの脱着が必要になります。

リアはトーションビームの根本とショックの取り付け部をおこない作業完了です。

試乗です。

いつものようなRS-Rに多い揺れがあるかと思いましたがこの車両はそういった揺れは感じませんでした。

元々純正のスプリングの自由長が長いのでRS-Rのスプリングの用な長さでもそこまで短くないということなんでしょうね。

ノーマル車高

ローダウン車高

車高は結構下がっています。

元々かなり車高が高いので比べると低く見えますね。

四輪アライメント

四輪アライメント

 

車高の変化がありますのでしっかり四輪アライメントをおこないます。

トーの数値はかなりトーアウトになっていますのでこの修正だけでもタイヤの変摩耗や直進性にかなりの違いがでます。

キャンバーもストラットボルトで調整をおこないますがホンダは調整量がかなり少ないです。

それでも調整はできますのでしっかり調整をしトーを調整で作業完了です。

調整後の試乗ですが乗り心地はノーマルとさほど変わらない感じですね。RS-Rでは最近珍しい気がします。

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 シャトルダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)