KYBのショックと純正部品の交換

KYB NEWSRショック

 

NEWSRのショック交換です。

純正部品もおおよそのゴム部品は交換です。

NEWSRは純正のショックにくらべ若干減衰力に変更があるモデルです。

日常の走りをより快適に

NEW SR SPECIALは純正ショックアブソーバと同等の形状を採用、耐久性など品質はそのままに減衰力特性を最適化することでクルマの「走る」「曲がる」「止まる」といった基本性能をしっかりグレードアップさせながら「乗り心地」とのバランスをコンセプトに開発しています。
「硬くないけどシッカリ!」普段使いの軽快なカジュアルシューズを履いた感覚で安心して走れる、なんか運転がうまくなった?と思わせるショックアブソーバに仕上げています。
KYB様:NEWSR
とあります。
純正のスプリングでのマッチングなのでリフレッシュでなおかつ走りのイメージをかえたい方にはおすすめです。
まずが足回り交換です。

サスペンション交換

フロントサスペンション

まずフロントからです。

デリカはアッパーカウルの脱着が必要です。

その他は特別大変な箇所も無く交換はできますがスプリングは長めなで角度があるので少しなれないと難しいですね。

最近デリカよく足回り交換している気がします。

リアサスペンション交換

続いてリアです。

リアは少し大変です。

スプリングは純正でもかなり長いです。

ショック交換のみですがスプリングの上下のゴムも交換なのでバネの脱着が必要になりました。しっかりリフレッシュするには大事ですよ。

デリカはほとんどブッシュになりますのでしっかり緩めます。

実はリジカラの取付もありますので同時におこなっています。

SPOON リジカラの取付

リジカラの取付

前後のリジカラです。

今回は足回り交換と同時なので効果の確認は難しいかもしれません。

デリカへのリジカラは初のような気がします。

リアリジカラ

今回は締め付け前の画像です。

リジカラはメンバーの上下に挟み込み取付をおこないます。

この前SPOONさんで直接リジカラを取付されたお客様のリジカラを外しメンバーカラーをつける作業をしました。その時SPOONさんのリジカラグリスはほとんど塗られていませんでした。

どこまで塗っていいものなのかわかりませんがいつもしっかり漫勉無く塗ってしまいます。

あとは全箇所つけて借りずけまで締め上げです。

足回り交換を取付1G状態でメンバーとブッシュ類すべてを1Gで締め付けて作業完了です。

その時気になった店は助手席フロントのロアアームのボルトが緩んでいました。

確認してみるとドライブシャフトのブーツを交換しているそうです。

その時に外したのでしょうね。締め忘れでは無くボルトに問題があるとまた緩む可能性もありますので今後の経過は大事ですね。

四輪アライメント

四輪アライメント

 

四輪アライメントです。

デリカは前後のトーとフロントのキャンバーが若干の調整が可能です。

ノーマルなので調整は許容範囲内でおさまり調整ができました。

数値もきれいになり試乗です。

KYBのNEWSRのは走行距離が増えたスプリングでも十分しっかり感が出ている感じで乗れます。

リジカラは申し訳ございませんが効果がどの部分なのかの判別はできませんでした。

ですが少しの変化が徐々に車を作り上げて行きますので大きな変化も大事ですが積み上げも大事ですね。

四輪アライメントは交換前と比べ乗り味が全く違います。

またこれで気持ちよく走れる用になったと思います。

それではこの度ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いします。

参考取付工賃 足回り交換16000円(税別)四輪アライメント 10000円(税別)