レガシィのスタビリンクの交換です。

フロントはクスコの強化品の取り付けでリアは調整式のオフセットされているものです。

 

まずは交換です。

現在はローダウンしていますのでまずはどのあたりにするかになってきます。

 

スタビリンク交換作業

フロントは非調整の強化品です。
レガシィの純正はブーツの中が樹脂なので破損しやすです。
樹脂も異音が出にくいですし破損しなければよいとはおもいますが改造するにつれて負担は弱いところへときますのでこういった少しの事も大事になってきます。

 

リアは1G状態で現状のスタビの位置より長さを見ていきます。
多少のショートでもよさそうですが今回は平行近くまでにしてスタビの活用ができるようにしていきます。

以前はスタビも交換していますので効き始めが変わってくるでしょうね。

交換後は四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

以前から何度か行っておりますが今回は数値の違いが少し大きいです。

さてなぜ?って感じです。車高の変更などもありません。

まず違いはフロントのトーの数値です。結構なトーインになっています。
キャンバーの数値は前回と全く同じでトーのみに数値の違いがでています。
これは前回の四輪アライメント後に車検を受けているそうです。
この時点でサイドスリップテスターを通して数値の変更をしているのであれば納得がいきます。
そしてリアのトーの左右差です。
こちらもリアのデフケースを交換した際にロアアームを脱着しているそうです。
反対側の数値はきれいで外した形跡もありませんので納得できます。

走っていれば数値の違いはでるものですがなぜ出たかの判明ができないと今後も数値がずれてくる可能性があります。
なのでいつもできる限りの知識で考えて見て納得して終わらないと気になって仕方ないんです。
今回はこれで数値の違いがすっきりしましたのでよかったです。

調整完了で試乗です。

 

さてスタビの効きですがリアはだいぶ効いている感じがでています。
これがスタビの性能になるのですがTEINさんなどはスタビリンクをつけてきていないということは効きのタイミングに問題はないと判断してつけてきていない場合もあります。
この効いている感じが好きな人はかなりよい感じに感じると思いますがゆったり感を求める方には少し合わない可能性はありますね。

違いを感じるのは面白いですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 スタビリンク交換6600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)