アルファードにブリッツの車高調の取り付けです。

数値は推奨ほどでのセッティングで前後バランスを見ながら平行に修正をして調整をしていきます。

 

車高調取り付け作業

さてまずはすべて本締めをして取り付け開始です。
ブリッツは基本的に締まっていませんので取り付け時は確認してくださいね。

 

フロントはストラットです。
取り付けは問題ございませんがストラットボルトを締めると車高の調整ができません。
ブリッツはブラケット部分が2重になっていないので締め付けると歪みがでてこういったことになります。
精度の問題もありますがコストダウンが問題でしょうね。
調整毎回にストラットボルト部分を緩めるわけですから確実に四輪アライメント調整が必要になってきます。

 

続いてリアです。

リアはブッシュを緩めて交換していきます。
さほど交換は大変ではないですがバンプラバーは若干カットして加工をしていきます。
これはワゴンなので乗車が増えたときなどの対応なので一人の時はさほど変化はないです。

 

車高の高さ

車高の高さはブリッツ推奨で4cmダウンです。フロントとはフロアを平行にするために少し変更をしています。

説明書と比べるとフロントは5mm足りません。リアは4cmジャストです。

前回でキャンバーを寝かせて-1度30分ほどなのでこの状態で5mmダウンになりますので寝かせての寸法ならちょうどメーカー寸法になると思います。

調整完了で1G締めです。

1G締め

 

最後にブッシュ部分全箇所を1G締めして取り付け作業完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

リアのキャンバーはやはり少し多めです。セダン等なら問題ない数値です車重のあるアルファードはやはりタイヤの減りは早いと思います。

 

トーの数値を変更して調整しました。

フロントはキャンバーとトーを街乗りとタイヤのことを考えて調整してきれいな数値になりました。

 

試乗です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

ブリッツはつけて思いますが重量級の車両につけるとショックの動きは少し気になる感じはあります。

ノーマルタイヤでしたら問題はなさそうですが大口径の扁平になると吸収が気になる感じがあります。
減衰力を上げると動きに固さが目立つ可能性もありますので難しいところですね。

動きやストロークは問題ないので走りやすさはあると思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)