タナベの車高調の取り付けです。

フルタップモデルではないので車高の変化で乗り心地の変化が出てしまうと思いますが今回は指1本での調整です。

タナベ車高調

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントの車高調取り付けです。
タナベの車高調のサステックプロは純正アッパーマウント仕様なのでアッパーマウントとダストブーツなどは再使用します。
ダストカバーは破れてしまっていますので危なそうな部分は取り除いて取り付けです。

危ないって?何が?ってなりますがジャバラのダストカバーが切れてショックのロッドにゴム製品なのでからんでケースとロッドの隙間に入り込みOIL漏れをおこしている車両を何台も見ています。
オイルもれでは運転に支障がでてきますからね。

 

フロントを組付けリアの取り付けです。

リア取り付け

リアはトーションビームになりますね。
ショックは非調整なのでスプリングで高さの調整をおこなっていきます。
ほぼ全下げで指1本ほどの隙間になりますね。
リアの純正ショックは完全に抜けていました。

ノーマル車高のヴェルファイア
ローダウンのヴェルファイア

 

車高はフロントもリアも全下げで指1本ほどの車高ですね。
DF210の方が車高がさがるかもしれませんね。

 

車高が決まれば1G締めで試乗後

 

四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

20ヴェルファイアはフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

 

タナベのショックも純正のショックと同じくらいの調整幅でしょうか?

取り付け時全下げで推奨値のキャンバーになりますので少しキャンバーがおきすぎてしまう車高調ですね。

少しネガに調整をおこない車高とロアアームの角度に合うように調整していきます。

トーを修正して作業完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

ホイールは20インチで扁平なので硬さがでるのはわかりますが少しフロントのバンプまでの距離が近いのかわかりませんがフロントの突き上げが若干強い感じがします。
商品が中古ショップに置かれていた新古品とのことなので少し保管時間が長かったのかもしれませんので少しショックの気泡が抜けるまでは様子見をしてそれでもバンプタッチ感が消えないのであればバンプカットの方法に踏み切るのもよいと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)