ロードスターの1G締めと四輪アライメント調整です。

ビルシュタインの車高調をオーバーホールされたそうです。

取り付けは当店ではないですがいつも1G締めと四輪アライメント調整をご依頼をいただいておりますので車高の変化が出ることを想定してCリング調整をしているそうです。

1G締め作業

ロードスター1G締め

さて締め直しです。

まずはリフトアップ時に一度ボルトナットを緩めています。
ブッシュ動かずですね。リフトアップの状態で締め付けがしてあることがわかりました。

さて全箇所緩めて締めていきます。

通常サスペンションを外すだけなら緩めなくてもよい箇所はそのままですね。

 

さて全箇所締め直しをして四輪アライメント調整です。

 

車高の結構下がりましたね。

四輪アライメント調整

ロードスター四輪アライメント

フロントホイールの出面が少しでていて気になるそうです。

さて1G時点でもだいぶ収まる方向にはなってきましたがしっかり調整をしていきます。

前回のデータをもとに今回の数値とご要望をあてはめながら調整をしていきます。
キャンバーは出面を少しでも入っているようにしたいので数値は現状よりネガになります。

この車両はロアアームに調整がついていますのでダブルウイッシュボーンの場合はホイール下側が出る方向になってきます。なのでキャンバーでホイールを入れることはかなりのキャンバーの変化がないと難しいので皆さんキャンバーで何とかなりますかっていうことを聞かれますが難しいと思ってください。

さて調整数値は全箇所調整してよい数値に変更できたと思います。

 

試乗です。

しっかりした感じのサスペンションなのでワインディングでも十分楽しめそうなサスペションです。
数値もそれなりになっていますので速度域が上がってもよい感じで走ってくれると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)