ブレイドにリジカラの取り付けとロールセンターアダプターの取り付け、リアの車高調整、1G締めなど盛りだくさんの作業です。

リジカラ

手順を踏んで取り付けを行っていきます。

 

まずはロールセンターアダプターからの取り付けです。

ロールセンター

ロールセンターアダプターはどこのものかはわかりませんがおおよそ40mmのボルトを打ち替えて取り付けをスルものになります。

まずは圧入のストラットボルトを外して取り付けしていきます。
この商品はさほど苦労な作業ではなくスペースさえ確保できれば交換はさほど大変ではありません。

続いてリジカラをつけていきます。
ブレイドのリジカラは説明書にもありましたが穴位置が合いにくくなると書いてあります。
たしかに1G状態でもネジ穴にずれはありますね。メンバーの向きを水平にすれば穴位置もある程度のところまできますので均等にしめていけば取り付けはできます。
ただかなり外々によってしまっていますので締めていくと結構きつめです。
同時にブレスバーなども色々とついていますので1Gで締めていきます。

フロントは車高の調整をして作業完了です。

続いてリアです。

リアはリジカラの取り付けはさほど大変ではないです。
通常通りで取り付けできます。

車高調整はスプリングを脱着しての調整になります。
ショックの長さはすでに一番短くなっています。ブッシュを緩めた状態で揺すってみるとバンプまでの距離は近そうです。
純正のダストカバーなのでストローク量は正確に確認できずです。

 

実際はここまでで1Gで締めを行っています。
かなりの変化はありますね。

1G締め

ロールセンターアダプターをつけると四輪アライメント数値がとても走行できるレベルにはないため四輪アライメントをそのまま実施します。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメントは以前も当店で実施済みです。

フロントのキャンバーの左右差は現状最適になっていて左右差もありませんでした。自分で言うのもなんですが優秀ですね。

トーの数値がかなりすごいことになっていましたのでしっかり修正します。

リアも車高の変化がありますので数値も狂っています。
調整箇所を調整して数値もきれいになりました。

試乗です。

走りはフレームの剛性感はかなりでている感じはありますがサスペンションの性能がかなりでてきてる感じがしました。
だんだん難しい車になってきている感じがします。
ロールセンターアダプターの剛性がどれくらいなのかがわかりませんが高速などの走りに影響がないといいなっていう感じです。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。