大阪よりご来店いただきましたお客様です。
なんでも車両が左に流れてしまうのとフロントの外減りがかなりひどいとのことです。
大阪のお店で1度四輪アライメント調整をおこなったそうですがキャンバーの調整はこれ以上できないからキャンバーボルトを用意する必要があると今回キャンバーボルトをご用意されていました。

さて車高調はブリッツの車高調でなぜキャンバーボルトが必要とお客様に説明したのかわかりません。
ブリッツの車高調はストラットボルトの取り付け部分は長穴になっているためキャンバーボルトの取り付けは基本的には不可になります。この場合は必要なら純正の補正ボルトの方がよいですね。

車高調整も頼まれておりますので車高の調整をまずおこないます。同時に1G締めのご依頼もいただきましたのでおこないました。

車高はフロントの車高を少し下げて見た目を整えたいそうです。
車高のバランスにも好みがありますね。

車高調整後のヴォクシー

さて測定です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

測定してみるとキャンバーの数値はかなりのポジティブキャンバーです。
タイヤの外べりがかなりひどいのはこの数値のせいですね。
なんでもキャンバーの調整はもうめいいっぱいしてあると大阪のお店では言われたそうです。
ブリッツの車高調でこの数値が限界の調整なら車両側もしくは車高調に問題があることになります。
左右差もかなりあります。

さてストラットのボルトを緩めてキャンバーの調整を行ってみると何の問題もなくネガに数値はなりました。
現状ポジでタイヤがはみ出ていましたのでその修正もかねて調整します。
これで調整ができるということは全く行わずやったということにしてしまったんでしょうね。
その結果がタイヤに表れてしまっています。

キャンバーの数値もしっかり整えてタイヤのはみだしの修正も完了しました。

さて左流れですが流れと言うよりはタイヤの変摩耗による動きにも感じますのでまずはタイヤ交換をしてみてそれでも左流れがでるようであれば何らかの問題が発生している可能性があります。

現状のタイヤがあまりにも変摩耗しているのでまずはタイヤですね。

それではこの度は大阪よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 車高調整1か所1500円(税別)1G締め3000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)