TOMS車高調の取り付け

アドボックス

TOMSのアドボックス中古の取り付けです。

最近なぜか中古品が多いです。

今回は車高調を点検していると

フロントショックブッシュ

フロントのショックのロアアームととまるところのブッシュが変形しています。

この部分は不可がかかりやすいので劣化も早いですがもう片側はねじれる方向にブッシュが変形していましたので1Gで締め付けがされていなかったのでしょうね。

お客さまにも確認してもらい取り付けに入ります。

足回り交換作業

フロント車高調装着

フロントの車高調の装着です。

走行距離が10万キロなので車両の方も見ながら取り付けを行いましたが若干ロアコンブッシュに亀裂がある程度でした。

リア取り付け

リアの取り付けです。

リアも取り付けに問題はございませんが砂がかなりすごくこの車両はライナーの中にアッパーマウントの取り付け部分がありますので除き揉まないとできません。砂まみれになりましたが装着完了です。

ブッシュの1G締め付け直し作業です。

1G締め付け直し

1G締め付け

この車両も数はかなり多いです。

慣れていても30分はかかります。

DIYで1Gを行われる方はこのようにリジットラックを置いてはできません。

リジットラックの下にあるターンテーブルと言う足回りの動きを自由にするものが必要になります。

リジットラックのみで行うと足回りがそとに行こうとする力を妨げてしまい最悪はラックが倒れてしまい危険なのでおこなわないでくださいね。

リア車高

車高の高さは指1本半ほどにセッティングですが前後のフロアバランスはフェンダーアーチでいうとリア下がりになりますのでフロントを1本半でリアは1本でそれでもまだ前傾です。

今回は少し前傾で決めて完了です。

試乗ですがブッシュの状態を見ると異音等が出ないか心配でしたが特別問題なく走行できました。

乗り心地は硬めの車高調って感じです。

四輪アライメント

マークX四輪アライメント

続いて四輪アライメントです。

同時にタイヤホイールも交換を行いました。

車高の割にはキャンバーの数値はこの硬さの車高調であれば走りに問題はなさそうです。

フロントのキャンバーは若干多いので車高調のような動きの制限される足回りは乗り方によっては内減りが出ると思います。

調整後の試乗でもスポーティーな感じでしっかり走行ができますがショックのブッシュの部分で少しフロントの動きに変なハネがあります。

マークX

 

それではこの度はありがとうございます。

いっきに車のイメージが変わりましたね。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足回り交換18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)