RX-8にブリッツの車高調の取り付けです。

車高の高さは最低地上高で合わせていきます。

元々12.5mmしか最低地上高がありませんのでブリッツの推奨が30mmダウンギリギリですね。
1Gで取り付けると確実に最低地上高を切ってしまう可能ですがあります。

車高調取り付け作業

さて取り付けです。

 

取り付けはRX-8はマツダ車の中では少し手間のかかる車両ですかね。
フロントはさほど大変ではないのでさっと交換をしていきます。

ブッシュは緩めたままで車高調整をするので仮組ですね。

 

リアです。
リアは外し方は色々でしょうが当店ではいつもの外し方でおこなっていきます。
四輪アライメント調整前提で行いますので四輪アライメント調整を行わない場合はこのやり方は数値が悪くなります。
サスペンション交換後は皆さん四輪アライメント調整を行う方が多いので数値に対する意識も皆さん高いということですね。

 

さて仮付け完了です。

 

車高の高さ

やはりそのままの取り付けで現状5mm足りません。
1cmはメーカーより余分に下がったことになります。
さて調整をしていきます。

ブリッツ車高調は取り付けしてからの調整は結構固いので疲れます。
車高が決まったら1G締め作業です。

 

1G締め作業

取り付けを完了させてるにはこの作業が重要です。

しっかりブッシュ部分を1Gで締めて取り付け作業完了です。

ブッシュの過度なひねりをなくして乗り味もブリッツ車高調をしっかり使うこれが車高調の本領発揮できる方法ですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

街乗りメインでのセッティングで行っていきます。
動きはノーマルよりストロークが少ないがうごきはマイルドな感じです。
ちょうど街乗りではよい感じのためセッティングもそれなりに安定したセッティングができます。
前後のキャンバーとトーとフロントキャスターの調整をして作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

乗り味は街乗りではよい感じです。
リフレッシュ交換で使ってもよい感じだと思います。
サーキット走行などには少し向かない感じはしますのでスポーツ走行メインの方にはバネレートなどの変更で対応すると良さそうですが調整幅がリアは少ない感じなので車高の問題がでそうですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)