走行距離は20万キロなので外すのには問題がでてきそうです。

交換部品はKYBNEWSRです。

最近サスペンションからシュコシュコと音がでだしたそうです。

 

ショック交換作業

やはり外し始めると錆がかなりあります。

スタビリンクは外れそうもありませんので外さずに行っていきます。

ショックを左右はずして交換していきます。

KYBは全く押せませんでしたが純正ショックは押してみましたがまだ戻ってくる力と押す力はありますね。

交換して1G締めです。

 

1G締め作業

締め直しをしていきます。

アンダーカバーのねじも錆びていますがなんとか外れました。

ロアアームを1G締めをしてアッパーアームやブッシュ部分をおこなっていきます。

 

締め直し完了で四輪アライメント調整です。

 

 

四輪アライメント調整

フロントは結構トーアウトになっていますね。
これはどの時点ででているのかは交換後なのでわかりませんが確実に変摩耗につながります。
現状のタイヤを見ると内減り方向ですが変摩耗な感じでもないため交換時の数値ズレの可能性が高いですね。

調整箇所は前後のトーになりますので修正して作業完了です。

 

試乗です。

結構ショックの効いた乗り味になりました。
純正と比べると押す力もかなり違いましたので変化もありますね。

次は距離的にロアアームも交換時期かもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。