アルファードのダストカバーの交換です。

20系まではゴムのダストカバーで破れやすいですね。

今回はダストカバーとバンプラバーの交換です。

サスペションはノーマルなので交換も純正部品交換です。

ショックを外して交換して戻していきます。

ショックは押してみるとやはり押す力も弱ければ上がりも遅くショックに焼きが入ってきています。
そろそろ交換時期が来ていますね

交換して四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

最後の四輪アライメント調整です。

ハンドルセンターのずれと車のひだり流れが気になるそうです。

交換前に試乗していますがハンドルセンターはズレがあります。
車の流れは流れというよりは応答能力の弱さが出ている感じです。

まずは調整です。

調整可能箇所はフロントのキャンバーとトーです。

純正なので基準値中央まで行きたかったですがキャンバーはネガ方向で左右差を合わせる感じです。
悪い数値ではないので問題はないですが数値から言うと車高の変化が若干出てきている可能性はありますね。

トーの数値も修正し数値もきれいになりました。

試乗です。

ハンドルセンターはOKです。
応答能力は変わりはでませんがトーの数値とキャンバーの数値を正すことにより以前よりはかなり良くなっていると思います。

今後さらなる乗り心地や動きをとなるのであればサスペション関係の見直しがお勧めですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 フロントのみサスペション交換11000円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)