ハリアーのサスペンションをノーマルに戻していきます。

中古で車両ご購入された際にダウンサスが装着されていたそうです。

ハリアースプリング交換

装着されているダウンサスはRS-Rのダウンサスですね。

 

サスペンションノーマル戻し作業

フロントスプリング

スプリングをノーマルに戻していきます。

乗り心地がかなり揺れるそうです。

大抵揺れがある原因はやはりバンプタッチですね。
ダウンサスを外してみると完全タッチ状態がわかりました。
ダウンサスもメーカーもいい材料を使っていますのでノーマルより悪くなるというのは最近はなかなかないです。
大抵の原因はバンプタッチや1G締めを行っていないなどです。
今回は両方なので確実に乗り心地が悪いですね。
RS-Rはバンプカットを推奨していないのでストローク不足はメーカーも確認しているはずです。
それで乗り心地が悪いのであればバンプラバーなどをつけるべきだと思います。
せっかくいいスプリングでもバンプタッチ量が多ければ低速時などは揺れが出てしまいます。
タナベさんやTEINさんは必要分のカットが推奨されていますしエスペリアさんなどはバンプラバーを制作してますね。

ストロークを出して動かせれるアームブッシュを作ってあげれば大抵は乗り心地は確保できますね。

 

さてリアもスプリングを変えて1G締めをおこないます。

 

1G締め作業

1G締めハリアー

ノーマル車でもしっかり行っていきます。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ハリアー四輪アライメント

数値からいうとダウン時も四輪アライメント調整は行っている感じですね。

数値を修正していきます。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整をおこなっていきます。

数値は左右差もなくなりきれいな状態になりました。

ノーマルハリアー

試乗です。

ノーマル車ですね。ストロークがありますので低速などでも段差はほとんど気になりませんね。

中古でダウンサスが付いているとノーマルがどのようなものかわかりませんから気にならい人もいるかもしれませんね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ノーマル戻し17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)