TRDのサスペンションの取り付けとリジカラの取り付けです。

 

TRDのサスペンションも色が黒になりスプリングは赤色なんですね。
説明書にGRって書いてあるので何か違いがあるのでしょうか。

 

サスペンション交換・リジカラ取り付け作業

さてサスペンション交換作業をおこないます。
今回はリジカラも同時に装着をしていきますのでサスペンションは外した状態でリジカラをつけたほうが自由度がありますので楽には付きます。

前後ばらしてリジカラを装着していきます。
リアはさほど気になる感じもなく取り付けできましたがフロントは結構メンバーと合わせるのにきつめなのでとりあえず仮組まではおこないメンバーを動かしながらリジカラを入れていきます。

メンバーを手締めで締めあげてサスペンションを取り付けしていきます。

 

ショックとスプリングを交換して取り付けできたら1G締めですべて締めていきます。

 

1G締め作業

まあこの作業が今回は一番時間がかかります。
やらないお店が多いので取り付けでの違いが出ないようにどこでも行ってほしい作業ですね。

メンバーも1Gで締めてブッシュ(稼働向きを見ながら)を締めていきます。

 

全箇所締め終わったらこれでようやくサスペンションもリジカラも性能が発揮できますね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

 

今回は車高も下がっていますのであえてGRのデータで見ていきます。
ノーマルとの数値の違いを確認しながら数値を出していきます。
18インチで扁平はそこまで薄くないタイヤなので過度なセッティングですとタイヤへの負担も大きくなります。
SUVを残しつつのセッティングで調整して作業完了です。

 

リジカラとTRDサスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。

いつもTRDのサスペンションですとバンプまでの距離が狭くタッチ感が多少気になる感じもありましたが今回はその感覚はかなり少ない感じです。
ショックの仕様がわかりませんがこのままショックの慣らしが終わって変化が無くともよい感じの走りな気がします。
直進性もよい感じの仕上がりとなり走りやすいと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換17600円(税込)+リジカラ同時取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)