ヴォクシーにタナベさんのでDF210の取り付けです。

車高のダウン量をメインで考えて政策しているスプリングなので乗り心地は似の次ですね。

タナベダウンサス

ダウンサス取り付け作業

フロントダウンサス取り付け

さて取り付けです。

特別気になるとこともありません。
フロントはストラットで現在はワイパー周りの脱着もしませんのでかなり時短での取り付けができます。
バンプカット量はDF210にしては少な目の設定ですね。
何かこの量に意味がある可能性もありますのでバンプまでの距離はかなり狭いもしくはタッチですが今回はこの量でとどめておきます。

DF210ヴォクシー

リアはスプリング交換だけなら簡単ですが1Gのために遮熱版を外して締め直しをおこないます。
1Gのために外す部品って結構あったりするんでよ。

車両によっては1Gの方が時間がかかり車両もあります。

車高の高さ

ノーマルヴォクシー

ローダウンヴォクシー
タナベDF210仕様

 

 

結構低いですね。

ダウンサスでの高さというより車高調の高さですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ヴォクシー 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

さてノアは外減りがかなり強い車です。

これってなぜだかわかりますか?

キャンバーをつければ治りますか?っていう質問が結構あります。
この車両はトーの動きがキャンバーの動きに対して少ないので切れ角が多いとタイヤがこじっていってしまいます。

 

なのでキャンバーをつけてもトー角の変化がロールで少ない分外に曲がるときに過重がのりロールしてタイヤの摩耗がでてしまう感じだと思います。

となるとロールを減らす方が外減りは少なくなってくるとは思います。

ローダウン車でストローク量がすくなくなれば通常の走りでは外減りは減ってきやすくはなるとは思います。

 

今回はキャンバーの量も変更してトーの数値を修正しきれいな状態になりました。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

フロントはストロークはかなり厳しいでしょうね。
ゴツゴツ感が結構でていますので気になるかもしれませんが18インチなのでその分の固さもありますね。

スタイルにこだわりたいとおっしゃっておられましたのでよいと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込)