ヴェルファイアのサスペンション交換です。

お持ち込み交換部品は

純正新車外しのショックとスプリングセットにRS-RのTi2000の組付けです。

ヴェルファイア ダウンサス

この新車外しのサスペンションは一度ばらされていて色が塗られています。
しかもかなり滑るので気を付けないといけないです。

サスペンション交換作業

ヴェルファイアサスペンション交換

まずは組付けて車両に取り付けをしていきます。

もうすでに1度車両の方も外された形跡がありますがご本人様は中古で購入をしているため現状はわからないそうです。

まずは交換をしていきます。

組付けに気になる部分はありませんがもう何回目の脱着なのかがわからないので次回交換があるときはボルトナットは新品をお勧めいたします。

 

リアも交換していきます。

RS-Rのスプリングは前後とも純正に比べるとかなり短いので組付けはやりやすいです。
その分バネレートは高いかもしくはダウン量のためかですね。

交換して1G締めをして取り付け作業完了です。

 

車高の高さ

ヴェルファイア ローダウン

ダウン量はリア6cmフロント5cmのダウンです。

HP上の数値より車高は下がりますね。

 

四輪アライメント調整

ヴェルファイア 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整ができます。

まずはキャンバーはダウン量から言いますともう少しキャンバーが欲しいところですがタイヤの摩耗を考えますのでいつも通りの数値くらいに調整をしていきます。

数値もキャンバーもトーもきれいになり四輪アライメント調整完了です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

ダウン量からいうとフロントはそのまま取り付けすれば確実にバンプタッチとなります。
異音の原因になりますのでバンプはカットして対応をしていますのでフロントのストローク量には少し余裕がありますので乗り心地の悪さは感じません。

リアのストロークは純正は多い方ですがこのダウン量ですとやはり乗車定員が増えるとリアは少し厳しいと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)