エルグランドにHKSさんの車高調スタイルCの取り付けです。

エルグランド HKS車高調

車高の高さなどはメーカー推奨で取り付けをしていきます。

 

車高調取り付け作業

エルグランド フロント車高調

まずはフロントからの取り付けです。
エルグランドなどの日産のボルトはかなり緩めるのにネジが硬いので疲れます。
フロントストラット車になりますので交換はHKSさんの場合は完組なのでそのまま取り付けしていきます。
注意点はロアアームを下げすぎると助手席側はヘッドライトの光軸ロッドがついていますので下げすぎないことです。センサーロッドがよく破損している車両を見ます。

リアです。

リアは注意点はさほどありません。
外して取り付けしていくだけですがリアのボルトナットはかなり緩めるのが厳しいです。
工具がまっすぐ入らないため色々な工具を連結するわけですがトルクが伝わりにくいので緩めるのは苦労します。締め付けはさほど苦労なくトルクレンチで締めれます。

日産のボルトナットって締め付けるトルクで締めて緩めるときはやはりかなりのトルクでないと緩みません。
この違いってどこにでているのかわかりません。ネジの裏もトヨタ車などの特殊ナット形状にもなっていないです。なのでナット側でもボルト側でも緩めれます。
解析は時間があるときに解析してみようとは思いますが・・・時間がいつもありません。

 

交換完了で1G締めです。

 

1G締め作業

エルグランド 1G締め

この作業でサスペンション交換作業完了です。
ほぼ全箇所ブッシュ構成になりますのでしっかりおこないます。
フロントはブッシュの向き的に必要はありません。

 

車高の高さ

エルググランド HKS推奨車高
エルググランド HKS推奨車高

 

 

前後4cmダウンです。
リアハウスの隙間は狭いですがそれでもフロアは前下がりのスタイルですね。
フェンダーア―チの違いですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

推奨での取り付けでリアキャンバーはめいいっぱいおこしてもついてしまいます。
エルグランドは車重がありますのでタイヤの減りも早いです。
トーの数値は変化をさせて調整しました。

フロントのキャンバーはもともと左右差がある車両なのでそのように調整をしていきます。
フロントキャンバーも街乗りにしては少し多めですが車高調的にはよい感じです。
もともとタイヤの減りが早い車両です。少しでもタイヤを考えてのセッティングにはなりますね。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

スタイルCはやはり少し硬めのセッティングですがしっかり感があり走りやすいです。
現在のタイヤがスタッドレスなのでタイヤのボヨつき感は若干でていますが夏タイヤに変えるとかなりよい感じになりそうな気がしました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)