BH5レガシィのショック交換作業です。

サスペンション交換 レガシィ

現状もビルシュタイン車ですが今回もビルシュタインの純正品の中古の取り付けです。

アッパーマウントなどのゴムもっすべて新品に交換されてある商品で現状はダウンサスが組付けされていますが現在のノーマルのものに移し替えて取り付けしていきます。

 

サスペンション交換作業

さてBH5のサスペンション交換ですが車両の年式から言うとかなり経っています。
ネジなどが緩めれるかになってきます。

まずはフロントです。見た感じは結構厳しいかとも思いましたが全く問題なく外れました。

スプリングを組み替えて交換です。

 

リアも同じく交換です。

リアもショックのボルトは硬い感じはありましたが緩まないことはなかったのでよかったです。
この緩むか緩まないかで作業時間も大きく変わってきます。

 

さて交換完了です。

ここから1G締めでサスペンション交換作業を完成させます。

1G締め作業

1G締め レガシィ

ブッシュの固着はなく緩み回りましたので良かったですね。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて数値です。

調整可能箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。
リアのキャンバーとキャスターは調整不可ですが基準値内ですね。
調整可能箇所の左右差や数値を変更して調整して数値もきれいになりました。

試乗です。

中古のショックですが傷んでる感は結構少ない感じの乗り味ですね。
それでも中古なのでどんな状況の保管だったのかなどでやはりシール類の劣化は出てきているとは思います。
今後は様子見をしながらになりますが現状は異音もなく安定感もよい感じでした。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換作業16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)