ヴェルファイアに中古のHKSさんの車高調スタイルLの取り付けです。

 

中古でワッシャーなどの部品も足りません。
使えるワッシャーが無いので今回はホームセンターで用意しました。

 

車高調取り付け作業

まずはフロントからです。
結構錆びがある車両で取り外しに少し苦労がありましいたが無事取り外しでき取り付けです。

減衰力のダイアルは片側がクリック感覚がないため反対側を15段にして同じ回転だけ回して調整をしておきました。

フロントは車高調整用のロックが何とか外れて調整ができました。

 

続いてリアです。

リアはショックの調整は完全固着でロックシートを外しても回りません。
現状一番短い状態になっている感じがありますの問題ないです。

 

リアは全下げで取り付けです。
前のHKSさんの車高調ですと車高の高さは全下げでも指1本くらいは隙間ができます。
ストロークは足りませんのでバンプラバーは加工します。

ブッシュをすべて緩めて車高調整をしていきます。

 

車高の高さ

できるだけ低くしたいそうです。

全下げでフロントは合わせて調整しますが見た目低めなのでフロントは平行より1cm余分に下げました。

フロアは12cmありますので地上高の問題もクリアーです。

 

1G締め

車高が決まれば1G締めです。

この作業は車高の高さに比例しますので一番最後の作業になります。

全箇所終えて試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

HKSさんはフロントのキャンバーはあまりつきません。
タイヤのことを考えればちょうどよいキャンバーです。

左右差を合わせてフロントは完了です。

リアはキャンバーは非調整なので-3度ほどついています。
やはり内減り傾向になります。

トーの数値の変化で若干の緩和ができるようにセッティングをおこないました。

 

数値もきれいになり作業完了です。

HKS車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

中古で結構程度がよくなさそうな感じでしたが異音はありません。
ですがショック自体の収まりは結構弱い感じがあります。
とりあえずは中間の減衰力で今後変更していくのが良いと思いますが減衰力が効くのかは不明です。

動きはしっかりだしていますので乗り味に違和感はないのでよい感じです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) ワッシャ代500円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)