新車のCX-5にKYBのショックとスプリングのローファーキットに交換です。

CX-5

減衰力調整付きモデルになります。今回は推奨で調整をおこないました。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

フロントのサスペンションの交換です。

フロントはストラットモデルになる車両になります。
まずは外して交換していきます。
KYBのローファースポーツのショックと純正を比べてみるとスプリングが入る部分が純正より短くなっています。
バンプカットはKYBの説明書によるとNGなので今回はカットしません。
ストロークは1G状態で見ると明らかに少ないですがストローク量の制御のためかもしれません。

リアサスペンション

リアのサスペンション交換です。

リアはマルチリンクになります。
ショックは結構外しにくいです。アームを外してもこの車両は4WDなのでドライブシャフトがあります。
しかもスリーブなしのモデルなのでだいぶそとまで広げて外しました。
リアショックはあまり長さの違いはない感じです。

 

交換完了で1G締めです。

1G締め作業

1G締め CX-5

フロントはアンダーカバーを外して締め直しをします。クリップは新車なので外しやすいです。先日とはかなりの違いがありました。
締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

ノーマル車高

 

 

 

 

 

ローダウン車高

 

ダウン量は少なめですね。

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

ローダウンで数値は結構狂っていますね。
しっかり調整していきます。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整をおこないます。
数値は動きを見ての調整になりますがある程度純正にそう感じで調整しました。
きれいな数値になり四輪アライメント調整完了です。

最後に光軸の初期化もご依頼をいただきましたので行います。

光軸初期化

 

完了です。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

ストロークは結構少ないです。
段差ではバンプタッチ感だとは思いますがある程度感じます。
直進でも安定感はありますが硬さは若干ありますね。SUVのゆったり感はだいぶ少なく走りそうって感じのサスペンションです。
ローファースポーツはもともとそういった走りをよくしたい方がつけるモデルなのでゆったり感は犠牲にはなってくるでしょうね。
それでも1000キロほどでだいぶ変化は出ると思います。

明日はドラレコなど色々取付ます。

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)